引き寄せの法則の視点で見た不安が起きる理由と解決のやり方とは?

 

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「不安な気持ちを解消したい」とお悩みのあなたへ、この記事では不安な気持ちを感じる理由と解消のやり方までご紹介します。

 

記事を読むメリット

 

・不安な気持ちを感じる理由と解消のやり方がわかる

 

・未来の自分から答えをもらう方法がわかる

 

記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則の視点から見た不安を感じる理由とその解消方法をご紹介します。

 

記事の後半

記事の後半では未来の自分から答えをもらうという方法をご紹介します。

 

 

まずは結論から

不安な気分を感じる理由は、本来感じたいと思っている感情からズレている時、あるいはやるべきことからズレている時に修正や気づかせるために不安な感情というものを作り出している。

不安な感情を解消するやり方は、まずは感情を否定せずに受け入れること、次に体の使い方を変えること、そして必要な行動を取る事、最後に質問をすることによって感情のフォーカスを変えることによって不安な気持ちを解消することができる。

 


不安な気持ちというのは本来のあるべき状態からズレている時に起きるサインだったのね 



そういう感情が訪れたら否定をせずに、まずは受け入れる事が重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

引き寄せの法則的な視点で見た不安を感じる理由


不安を感じてしまうに時にはそこには、ある理由があります。その理由について解説します。 


 

不安は気づかなければいけない、あるいはズレている事を知らせるサイン



不安のようなネガティブな感情を感じる最大の要因は、本来あるべき状態や求めている感情からズレている時に起きます。

 

全ての不安に対して当てはまるわけではありませんが不安という感情を感じている時こそ真逆の安心という気持ちを感じたいと思っています。

 

しかし現状がその安心という感情を満たすことができていない、あるいは安心を得るために必要な行動ができていない時に意識上の自分に知らせるために不安という感情を使い行動を修正しようとします。

 

これが不安の正体であり、ということはその不安を解消できるようなやるべき必要な行動をとれば不安は減っていくという事になります。

 

ここまでのまとめ

不安は本来あるべき状態や感情からズレているサイン、その感情を感じたら感じている感情を満たしてあげるような必要な行動を取ることが重要になる。

 

 

不安な気分を解消する方法


不安な気持ちを解消するための具体的な方法についてここでは解説します。 


不安な気持ちを解消する方法1 感情を認める

 

まず最初のステップは感情を認めるです。

不安に代表されるようなネガティブな感情を感じた時に間違った対応方法は、その感情を感じてはいけないと無視することです。

 

不安な気持ちを感じたらその気持を感じていることを素直に認めることが重要になります。

 

絶対ではありませんが多くの不安な感情は否定をせずに受け入れると徐々に小さくなっていくと考えられます。

 

不安な気持ちを解消する方法2 体の使い方を変える

 

次のステップは体の使い方を変えるです。

 

心と身体は連動しています。

体の状態を変えると今度は感情も変わります。

 

激しい運動はする必要はないので軽くランニングするとか、あるいは散歩をするとかもいいと思います。

 

あるいは横になり体の力を抜いて過ごすのもいいと思います。

 

 

不安な気持ちを解消する方法3 必要な行動を取る

 

そもそも不安な気持ちを感じるのは安心を感じるような必要な行動をとっていない時に起きることが考えられます。

 

例えば転職をしたいけどできるかどうか不安だという時には、転職を成功させるために必要な行動をすべてリストアップし、その中からできる事をこなして行くことで徐々に不安は解消されていくと考えられます。

 

不安な気持ちを解消する方法4 質問をする


質問は感情のフォーカスを変えるのに有効な方法です。

 

もし今、何かしらの問題があって不安を感じているなら

 

「問題が解決されたどんな気分になるのだろう?」

 

と自分に質問して下さい。

 

質問された事に対して自分で答えを探して見つかると、その瞬間から不安の感情からは切り離され得たいと思っている感情の方にフォーカスが変わります。

 

例えば先程の例のように問題が解決された時に感じる気分は何だろうという質問に対して、  「安心」であったり  「落ち着き」であったりという答えが見つかったら、その瞬間に意識は安心や落ち着きを感じるようになります。

 

ここまでのまとめ

不安な気持ちを解消するのに役立つ方法は、「感情を認める」「体の使い方を変える」「必要な行動を取る」「質問をする」の4つの方法がある


 

未来の自分から答えを貰う方法


不安な気持ちを感じた時に誰かからアドバイスをもらえると嬉しいですよね、ここでは未来の自分から答えをもらうという方法について解説します。 

 

ステップ1 椅子を2つ用意する

 

まずは椅子を2つ用意します。

椅子が2つ用意できない場合はたったままの状態で破っても構いません

 

ステップ2 反対側の椅子に未来の自分がいると想像する

 

2つの椅子のうちの一つの椅子に着席したら、もう一つの椅子には未来の自分が座っていると想像します。

未来の自分は色々経験し、答えを知っている存在であると考えるようにします。

 

ステップ3 反対側の椅子に移動して未来の自分と一体化する

 

今いる椅子の位置から反対側の椅子に移動して座り、座った瞬間から未来の自分と一体化していると想像します。

 

座った瞬間に未来の自分になりきったつもりになって下さい、その時の姿勢や呼吸も未来の自分になったつもりで破ってみることをオススメします。

 

ステップ4 未来の自分から現在の自分にアドバイスをする

 

未来の自分になりきったつもりで反対側の椅子にいる現在の自分に対してアドバイスをします。

 

未来の自分になりきっていると今まで思いもつかなかったアイディアがひらめくことがあるので、そのアイディアを現在の自分に伝えます。

 

ステップ5 元の現在の自分の椅子に戻りアドバイスを受け入れる

 

もう一度現在の自分の椅子に戻り、先程未来の自分がしていたアドバイスを現在の自分の椅子に戻った状態で、未来の自分のアドバイスを思い出して、そのアドバイスを聞いてどう思うか考えます。

 

いいアイディアだと思っったら受け入れます。

 

いかがでしたでしょうか?必ずしもよいアドバイスではない、あるいは椅子を移動してもアイディアが出ないこともあると思いますが何度も練習をして精度を高めて頂ければ、思っている以上の解決策が出てくることも考えられます。

 

 


引き寄せの法則の視点で見た不安が起きる理由と解決のやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・不安は本来あるべき状態や感情からズレているサイン、その感情を感じたら感じている感情を満たしてあげるような必要な行動を取ることが重要になる。

・不安な気持ちを解消するのに役立つ方法は、「感情を認める」「体の使い方を変える」「必要な行動を取る」「質問をする」の4つの方法がある

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です