引き寄せの法則の視点で見た夫婦仲が悪くなる理由と良くなるやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則で夫婦仲を良くしたい」とお考えのあなたへ、この記事では引き寄せの法則の視点で見た夫婦仲が悪くなる理由、そして夫婦仲を良くするやり方について解説します。

 

記事を読むメリット

 

・引き寄せの法則の視点で見た夫婦仲が悪くなる原因がわかる
 
・引き寄せの法則の視点で見た夫婦仲が良くなる方法がわかる

 

記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則の視点で見た場合の夫婦仲が悪くなる可能性がある理由について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係を良くするために役立つ方法について解説します。


まずは結論から

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係が悪くなる理由は、自己否定が影響している可能性が高い、あわせて本来人生が望むような生き方をしていない時に気づかせるサインとして夫婦関係の問題として現れる。

引き寄せの法則的な視点で見た夫婦関係を良くする方法は、自己受容をしていくこと、「あり方」や「やり方」や「考え方」を変えること、相手に感謝できることをリストアップし感謝すること。

 

引き寄せの法則の視点で見た場合には夫婦関係が悪くなるも良くなるのも潜在意識の影響を大きく受けるのね 



普段から自分の心に素直になり心の声を聞くこと、感謝をすることが重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

当サイトの引き寄せの法則について知りたい人は以下のおまとめ記事をオススメします

↓↓↓
引き寄せの法則を実践する為の超オススメ記事

 

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係が悪くなる理由とは?

夫婦関係が悪くなる理由というのは人によって様々だと思いますが、ここでは引き寄せの法則的な視点で見た場合の夫婦関係が悪くなる理由について解説をしたいと思います。 

 

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係が悪くなる理由 その1 自己否定をしている



これまで多くの人をコーチングしてきた経験から人間関係の悩みが深い人ほど、実は自己否定をしていることが多いことがわかりました。

 

自己否定というと自分だけの問題だから相手には関係ないのでは?と思われている人もいるようですが、実は人と人は潜在意識を通じてつながっています。

 

自分が普段している自己否定が潜在意識を通じて相手に投影し、夫婦の間の関係が悪くなることもあります。

 

これまで普通に生活していたのに急に夫婦関係が悪くなるようなことが起きていたら、実は自分の普段からの自己否定が相手に投影された可能性があるということを覚えておいて下さい。

 

それを防ぐためにも自己否定が強いと思われている方は自己否定をやめることが、まずは大事なポイントになります。

 

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係が悪くなる理由 その2 人生からのメッセージの可能性がある

 

潜在意識はどうすれば、あなたが幸せになるかを知っています。

 

そして潜在意識が望むような生き方をして欲しいと考えています。

 

しかし、その潜在意識が望む生き方からズレている時、潜在意識はあなたにそのズレていることを知らせたくて問題という形でズレに気づかせようとします。

 

その現象の一つとして夫婦関係の問題として現れる可能性があります。

 

そのズレを修正することが大事になります。

 

人生からそのズレを気づかせるために起きている問題の場合に修正するべきポイントは 「あり方」  「考え方」  「やり方」の3つです。

 

もし夫婦関係の悩みが起きて、それがとても苦しいのなら現状のあり方、考え方、やり方に問題がないか考えて頂き、思い当たるかしょあれば修正することをオススメします。

 

ここまでのまとめ
引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係が悪くなる理由は「自己否定をしている」「人生からのメッセージの可能性がある」

 

 

引き寄せの法則的の視点で見た夫婦仲を良くする方法

ここからは引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係を良くするための3つの方法についてご紹介します。 

 

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係を良くする3つの方法 その1 自己受容をする

 

夫婦関係の問題が起きる原因のところでもお伝えしましたが、自己否定が潜在意識を通じて相手に影響することがあります。

 

自己否定をやめることが大切だとお伝えしましたが、自己否定をやめることが出来たら、その次にやってほしいのが自己受容です。

 

自己受容とは否定も肯定もせずにありのままに感情を受け入れることを言います。

 

引き寄せの法則の視点で見た場合に人間関係の悩みが生まれる原因の多くは自分の心に嘘をついている場合、ありのままの感情を感じていない時に起きます。

 

その為、自己受容をすることはとても大切なことです。

自己受容について、詳しくはこちらをご覧下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

 

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係を良くする3つの方法 その2 「あり方」や「考え方」や「やり方」を変える

 

先程も説明しましたが、人間関係の悩みが起きる場合の多くは、人生からのそのズレを修正して欲しいというサインの可能性があります。

 

その場合に、今やっていること、仕事やプライベートにおいて何かしらのズレが発生しているかもしれません。

 

仕事でもプライベートでもいいので「あり方」や「考え方」や「やり方」にどこか違和感を感じていないか?心の声を無視していないか考えてみて下さい。

 

例えば本当はやりたくない仕事をやっているけど、生活のために無理にやっているかもしれません、あるいは付き合いたくない人間関係があるのに、それも無理して付き合っているかもしれません。

 

あるいは人に対して厳しく自分の都合を押し付けているということもあるかもしれません。

 

いずれにしても、先程の3つの何かがズレている時に、夫婦関係という全く違う分野で問題として見せられることがあります。

 

一度立ち止まって考えて見ることをオススメします。

 

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係を良くする3つの方法 その3 感謝を実践する


引き寄せの法則において、もっとも効果がある方法の一つが感謝です。

引き寄せの法則の本質は願望達成の法則ではなく、今感じている気分と同じ物を引き寄せる法則です。

 

感謝という気持ちを感じていれば感謝したくなることを引き寄せます。

 

パートナーに対して感謝できることを少なくとも10個リストアップしてみて下さい。

 

そしてその一つ一つに実際に感謝の気持を込めて 「ありがとう」と言ってみて下さい。

 

人によってはすぐに効果が出ない人もいるかもしれませんが習慣にすることによって良いことが引き寄せられるようになります。

 

感謝についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係を良くする方法は「自己受容をする」「「あり方」や「考え方」や「やり方」を変える」「感謝を実践する」の3つ

 

引き寄せの法則の視点で見た夫婦仲が悪くなる理由と良くなるやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係が悪くなる理由は「自己否定をしている」「人生からのメッセージの可能性がある」

・引き寄せの法則の視点で見た夫婦関係を良くする方法は「自己受容をする」「「あり方」や「考え方」や「やり方」を変える」「感謝を実践する」の3つ

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です