【実話あり】引き寄せの法則で仕事を辞める方法と理想の仕事につくやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則を使って今の仕事を辞めたい」とお悩みのあなたへ、この記事では引き寄せの法則で仕事を辞め理想の仕事につくためのやり方について解説します。

 

記事を読むメリット

 

・引き寄せの法則を使い今の仕事を辞め理想の仕事につく方法がわかる

 

・人間関係を良くする方法がわかる

 

 

記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則で今の仕事を辞めるためのポイントや考え方をお伝えするのと、理想の仕事につくための引き寄せの方法について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では今の仕事場でも次の仕事場でも役に立つより良い人間関係を築く2つの方法についてご紹介します。

 

まずは結論から

引き寄せの法則で今の仕事を辞めるには、今の職場を辞める事にフォーカスをするのではなく、理想の仕事についている自分にフォーカスをすること、さらに大事なのはそのフォーカスした未来に対して感情を感じることが重要。

引き寄せの法則で仕事をやめる時に考えられるのは強制パターンと円満パターン、円満パターンで辞めたい人はなるべく行動量を多くして実現に向けて動くことが重要になる。


引き寄せの法則で大事なのは結果ではなく、結果が得れた時の気分にフォーカスをすることが重要なのね 



結果にフォーカスせずに気分にフォーカスすると場合によっては今の職場が快適になることもあるのじゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

引き寄せの法則で今の仕事をやめることができるのか?

引き寄せの法則を使えば今の仕事をやめて理想の仕事につくことも可能よ、だけど大事なのは結果ではなく感情にフォーカスすることよ

 

辞めることにフォーカスするのではなく、理想の未来にフォーカスする

 

引き寄せの法則を実践する上で大事なのは、まずは引き寄せの法則の本質を理解することです。

 

引き寄せの法則の本質は願望達成の法則ではなく   「今感じている気分と同じ物引き寄せる」法則であると理解することが重要です。

 

そこを理解しないと結果ばかりにフォーカスをすることになります。

 

今の仕事を辞めたいと思った時に、   「今の仕事をどうやったら辞めれるのだろう?」と考えると今の現状にフォーカスをすることになります。

 

今の現状にフォーカスをすると、もし今の職場が快適でないなら嫌な気分を感じることになります。

 

繰り返しになりますが引き寄せの法則は今感じている気分と同じ物を引き寄せる法則ですから、嫌な気分を感じていれば、嫌な気分を感じる出来事を引き寄せる事になります。

 

今の仕事を辞める引き寄せにおいて大事なのは、今の仕事場にフォーカスするのではなく、理想の未来の仕事についている自分にフォーカスし、その時に感じているであろう気分にフォーカスするということです。

 

そこで良い感情を感じることができれば、その良い気分に感じることが引き寄せられるようになります。

場合によって今ある仕事場が快適になることだって考えられます。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則は願望達成の法則ではなく、今感じている気分と同じ物を引き寄せる法則である。

今の仕事をどうやって辞めるかにフォーカスするより、理想の仕事をしている時の未来にフォーカスし、さらにその時に感じている気分にフォーカスをすれば、その気分に見合った出来事が引き寄せられるようになる。


 

引き寄せの法則の実践をして仕事を辞める場合の2つのパターン

仕事を辞めるひきよせにおいて考えて欲しい2つのパターンがあるわ、強制パターンと円満パターン、それぞれについて解説するわね 

 

仕事を辞める引き寄せにおいて考えられる2つパターンは強制パターンと円満パターンですが、実際にどのパターンで引き寄せが起きるかはわかりません、しかし大事なのは普段から自分の心の声に従うことが重要です。

 

引き寄せの法則で仕事を辞める その1 強制パターン

 

強制パターンとは、急なリストラ、体調の不良や病気や事故等、一般的にはネガティブな形で今の仕事を辞めなければならないパターンです。

 

なぜ、このようなパターンが起きるのかと言うと普段から自分の心の声を無視している時に、このような強制的な方法で仕事を辞めさせられるということが起きます。

 

結果として最終的には良くなるのですが、こういった強制パターンを防ぐには、自分が普段から感じていること、違和感やストレスなどに気づき、なぜそれを感じているのか?考えることが重要です。

 

そして考えた上で実行できることは少しずつでも行動することが重要です。

 

引き寄せの法則で仕事を辞める その2 円満パターン

 

円満パターンは、何のトラブルもなく順調に今の仕事辞める条件が整い、スムーズに次の仕事につくことが出来るパターンです。

 

それを実現するには普段から心の声に耳を傾けるというのも大事ですが、行動量を多くしていくということも大事です。

理想の仕事につくための勉強、理想に沿う会社のリサーチなど、出来る行動は全てやります。

 

引き寄せの法則には行動は必要ないと思われていますが、行動しないよりは行動したほうが早く成果は出ますし、動いた分だけ円満に代謝できる確率も高まります。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則で仕事を辞める場合のパターンは2つ「強制パターン」と「円満パターン」、円満に進めるためには普段から自分の心の声に耳を傾けること、そして行動量を増やしていくことが重要。

 

 

【実話】今の仕事を辞めて理想の仕事についたある女性の話

引き寄せの法則を使って円満に仕事辞め、理想の仕事についた例について紹介します。実は仕事とは関係の無いテーマを解決すると、こういった問題も解決できたりします。 

 

父親との関係が癒やされたら全ての問題が解決して理想の未来を手に入れたある女性

 

これは過去にコーチングをしたある女性の話です。

元々のテーマは父親に対するストレスでした。

父親と会うと相当なプレッシャーとストレスを感じるということでした。

 

彼女にコーチングをした後に父親の態度が徐々に変わり始め、最終的にはその女性を応援するという立場にまで変わりました。

 

そして彼女は起業したいという夢を持ちましたが、それに向けてその当時の職場と話し合い、理想的な条件でやめることが出来ました。

さらには起業後には、わずか3ヶ月弱で月商が約100万円近くになりました。

一見すると仕事と父親は関係ないように思われるのですが、そういった事が解決されると他の問題が解決される場合があるというもの知っておいて下さい。

 

今の仕事を辞めて理想的な仕事につくための引き寄せのステップ

今の仕事を辞めて理想の仕事につくためには、理想の未来をイメージして、その気分を味わうことが重要ですよ、場合によっては今の仕事が快適になることだって考えられます。 

 

 

今の仕事を辞め理想の未来を引き寄せるステップ

 

これからご紹介する引き寄せのステップを1つずつ丁寧に実践をして下さい。

 

ステップ1 理想の仕事をしている未来をイメージする

最初のステップは、理想の仕事をしている未来をイメージするというものです。

可能な限り未来はリアルにイメージをしたほうが良いと思います。

 

まだ叶ってもいない未来をイメージすることが難しいという人もいると思いますが、自分が理想とする職場の写真であったり情報等はインターネットを通じて見つかることも多いと思いますので是非参考にして下さい。

 

イメージが苦手という人はこちらの記事をご参照下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則での正しいイメージングのやり方を知っていますか?

 

ステップ2 未来の理想の仕事が出来ている時の気分を味わう

 

繰り返しになりますが引き寄せの法則は頭で思い描いている願望が叶うのではなく、その願望を叶えている時の気分が叶います。

 

なので理想の未来をリアルにイメージして、その時にどんな気分を感じているのかを考え、そして実際にその気分を味わうことが重要になります。

 

リアルにイメージが出来ても気分を感じることが出来なければ効果は弱くなります。

 

ステップ3 閃きや直感にもとづいて行動する

 

引き寄せの法則でよくある誤解は引き寄せの法則には行動は必要ないと思われている点です。

行動しないよりは行動したほうが成功率は上がります。

 

ただ、そこで大事になるのが閃きや直感にもとづく行動をするということです。

 

引き寄せの法則の実践中にふと閃いたものや直感は、あなたを成功に導くサインの可能性があるので、無理のない範囲でまずは行動することを心がけて下さい。

 

感謝を実践する

 

引き寄せの法則の効果を高めるもっとも良い方法は、いかにいい気分でいられるか?です。

引き寄せの法則で効果的で良いとされている気分が感情です。

 

繰り返しになりますが引き寄せの法則は今感じている気分と同じ物を引き寄せる法則ですから、感謝という気分を感じていれば感謝したくなる事を引き寄せます。

 

まずは身近な物やお世話になっている人に感謝をすることから始めましょう。

感謝についての詳しい記事はこちらをご覧下さい

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 

ここまでのまとめ

今の仕事を辞めて、理想の仕事を引き寄せる方法は以下の通り

・引き寄せの法則のステップは

ステップ1 理想の仕事をしている未来をイメージする

ステップ2 未来の理想の仕事が出来ている時の気分を味わう

ステップ3 閃きや直感にもとづいて行動する

の3つ

・引き寄せの法則の効果を高めるには感謝を実践することが重要

 

人間関係を良くする2つの方法

今の仕事でも、新しい未来の仕事でも良い人間関係を築くのは重要ですよね、その為に出来る良い方法を2つご紹介します。 

 

良い人間関係を築く方法 その1 最後まで話しを中断せずに聞く

 

とてもシンプルな方法ですが、効果的なコミュニケーションの方法は  「相手の話を中断せずに最後まで聞く」というものです。

 

たったこれだけ?と思われる人も多いと思いますが、実際には効果的で、しかも多くの人が実践できていません。

 

世の中は人の話を聞くよりも自分の話をしたい人が多いので、たったこれだけを実践するだけでも、より良い人間関係が築くことが出来ます。

 

良い人間関係を築く方法 その2 質問で状態を管理する

 

あまり重視されないことが多いのですが誰かと関わるにあたり今の自分の状態が重要になります。

 

あなたが気になっていること、あるいは不安を感じていることがありながらも人とコミュニケーションを取れば表面上良い話をしていても、相手との関係性が気まずくなる可能性があります。

 

一方でよい状態を作った上で相手と接すれば相手との関係性も良くなる可能性があります。

 

では、良い状態を作るためにはどうしたらいいか?というと、それに有効なのが質問です。

実際には人に会う前に以下のような質問を自分にします。

 

「相手に感謝できることは何だろう?」

 

「相手に貢献できることは何だろう?」

 

という質問です。

 

この質問を自分して、そしてその答えを見つけた上で相手と接すると感謝や貢献という状態で相手と接するわけですから自然とあなたの態度も良い雰囲気が出るようになります。

 

是非、人と会う前に試して見て下さい。

 

ここまでのまとめ

よりよい人間家計を築くために出来る方法は「最後まで話しを中断せずに聞く」「質問で状態を管理する」の2つ

 

引き寄せの法則で仕事を辞める事は出来るのか?理想の仕事につくやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・引き寄せの法則は願望達成の法則ではなく、今感じている気分と同じ物を引き寄せる法則である。

今の仕事をどうやって辞めるかにフォーカスするより、理想の仕事をしている時の未来にフォーカスし、さらにその時に感じている気分にフォーカスをすれば、その気分に見合った出来事が引き寄せられるようになる。

・引き寄せの法則で仕事を辞める場合のパターンは2つ「強制パターン」と「円満パターン」、円満に進めるためには普段から自分の心の声に耳を傾けること、そして行動量を増やしていくことが重要。

・今の仕事を辞めて、理想の仕事を引き寄せる方法は以下の通り

引き寄せの法則のステップは

ステップ1 理想の仕事をしている未来をイメージする

ステップ2 未来の理想の仕事が出来ている時の気分を味わう

ステップ3 閃きや直感にもとづいて行動する

の3つ

引き寄せの法則の効果を高めるには感謝を実践することが重要

・よりよい人間家計を築くために出来る方法は「最後まで話しを中断せずに聞く」「質問で状態を管理する」の2つ

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です