引き寄せの法則の効果的なイメージの仕方とそれより大事なものとは?

引き寄せの法則が出来ない人の為の引き寄せブログ

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則の為にイメージをやっているけど上手く出来ない」とお悩みのあなたへ、この記事では引き寄せの法則においてのイメージの仕方と、それよりも大切な点についてご紹介します。

 

記事を読むメリット
 

・イメージが上手く出来なかった理由がわかる
 

・効果的なイメージのやり方がわかる
 

・イメージよりも大切なものがわかる

 

 

記事の前半

記事の前半では今までイメージを試しても上手く行かなった理由について解説します

 

記事の後半

記事の後半では効果的なイメージの仕方と、引き寄せの法則においてイメージよりも大切なものについて解説します。

まずは結論から

引き寄せの法則においてイメージが上手に出来ないという人は、自分のタイプにあっていないやり方でやっている可能性が高い。

視覚情報が苦手な人は、聴覚や触覚等の他の感覚を使うことが重要。

そして引き寄せの法則において大事なのはイメージよりも感情が大切なので、イメージして感情をちゃんと感じることが重要になる。

 

引き寄せの法則で大事なのはイメージよりも感情なのね 



イメージというのは感情を引き出すためのツールのような役割じゃ、なのでイメージが出来ても感情をあまり感じてなければ効果は弱いと考えたほうがいいのじゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

当サイトの引き寄せの法則について知りたい人は以下のおまとめ記事をオススメします

↓↓↓
引き寄せの法則を実践する為の超オススメ記事

 

引き寄せコーチングで起きた数々の奇跡の体験談をご紹介します。

↓↓↓
引き寄せの法則の体験談

 

イメージが苦手な人のための効果的な仕方とは?

引き寄せの法則ではイメージが大事と聞いたけど苦手というあなたへ、効果的な仕方について解説します。 

 

イメージは映像だけとは限らない

 

多くの人は引き寄せの法則でイメージが大事だと思い、イメージと言うとすぐに映像を思い浮かべます。

 

しかし、人には得意な感覚タイプというのがあり、映像化するのが苦手という人もいると思います。

 

その為、自分のタイプに合っていない映像化はいくらやっても上手く出来ない可能性があります。

 

そこでお勧めなのが他の感覚を使うということです。

 

他の感覚というと聴覚や触覚です。

 

例えば聴覚が得意な人の場合は、自分の望む願望をイメージする時に映像よりも、その場所に流れている音楽や喋っている言葉等を想像するといいかもしれません。

 

触覚が得意な人は望む願望をイメージする時に、それが手に触れられるものなら触れた感触をイメージするというのもいいかもしれません。

 

このように人には得意な感覚タイプというのがあり、そのタイプに応じた仕方をするのが効果的です。

「自分がどのタイプかわからない」

という人は、3つ同時にするといいと思います。

 

つまり映像化し、音を聞き、何か触れている感触をイメージするという具合です。

 

イメージが苦手な人でもそのタイプに合ったやり方があるので、そちらに合わせてやることをお勧めします。

 

イメージングについて詳しい内容はこちらをご覧下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則での正しいイメージングのやり方を知っていますか?

 

ここまでのまとめ

イメージと言うと映像を思い浮かべる人もいるが、人によって得意なタイプが違うので自分の得意なタイプを使うことが重要。

映像以外のタイプとしては聴覚や触覚などがある。

 

効果的なイメージの仕方とイメージよりも大事なもの

 

ここからは効果的なイメージの仕方と、引き寄せの法則においてイメージよりも大切なものについて解説をします。 

 

体験したことのないイメージはやりにくい

 

イメージが苦手という人の多くは自分が手に入れたい未来を思い浮かべようとして上手く行かないと感じていると思います。

 

それはある意味当たり前で、まだ手に入れていないもの、体験していないものをイメージしようと思っても、普段からイメージングをやったことがない人にとってはとても難しいことだと思います。

 

過去の記憶を使う

 

理想の未来をイメージしにくいという人は、まずは過去の記憶を使うのが有効です。

 

例えばお金が欲しいと思った場合に、まだ手に入れていない金額のお金をイメージするよりも、過去に手に入れたお金をイメージするほうが、当たり前ですがリアリティがあります。

 

理想としている額とは小さかったとしても本当に手に入れた事のあるお金をイメージした方がやりやすいので、まずは過去の記憶を思い出し、そして慣れてきたら未来のイメージをするというのが有効だと思います。

 

イメージよりも大切なもの

 

ここまではイメージの仕方について解説をしましたが、実は引き寄せの法則おいてイメージよりも大切なものがあります。

 

それが感情です。

 

引き寄せの法則の本質は今感じている気分と同じ物を引き寄せるというものです。

つまりイメージよりも感情が大切なのです。

 

どんなにイメージをしても感情を感じることが出来なければ引き寄せの法則の効果は弱くなります。

イメージというのは感情を引き出すためのツールだと考えた方がいいです。

 

なのでイメージをしたら、その時にどんな気分を感じているのか?感情にもちゃんとフォーカスをするようにしましょう。

 

ここまでのまとめ

効果的なイメージの仕方は、過去の記憶を使う、過去の記憶の方がリアリティがあるので、その過去の記憶を使ってイメージをして、慣れたら未来のイメージをする。

そして引き寄せの法則において大事なのはイメージよりも感情なので、イメージをしたら感情を感じることも重要になる。

 

引き寄せの法則の効果的なイメージの仕方とそれより大事なものとは?のまとめ

この記事のまとめ

・イメージと言うと映像を思い浮かべる人もいるが、人によって得意なタイプが違うので自分の得意なタイプを使うことが重要。

映像以外のタイプとしては聴覚や触覚などがある。

・効果的なイメージの仕方は、過去の記憶を使う、過去の記憶の方がリアリティがあるので、その過去の記憶を使ってイメージをして、慣れたら未来のイメージをする。

そして引き寄せの法則において大事なのはイメージよりも感情なので、イメージをしたら感情を感じることも重要になる。

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です