【決定版】引き寄せの法則で根拠のない自信を作る効果的なやり方とは?

引き寄せの法則が出来ない人の為の引き寄せブログ

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則では根拠のない自信が必要だと聞くけど自信が持てない」とお悩みのあなたへ、この記事では根拠のない自信を作る方法について解説します。

 

記事を読むメリット
 

・根拠のない自信がなぜ持てなかったのか?理由がわかる

 

・根拠のない自信の持ち方がわかる

 

 

記事の前半

記事の前半では今まで引き寄せの法則で根拠のない自信が必要だと言われたけど自信が持てなかった理由について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では根拠のない自信を作るための効果的なテクニックを多くご紹介します。

 

まずは結論から

根拠のない自信を持つためにオススメの方法は「体の使い方を変える」「否定的な思い込みを取る」「自己否定をやめて自己受容をする」「目標を決めて後から自信を作る」「好奇心のあるものをやる」の5つ。

 


自信を作るよりも、ありのままの自分を認める事が大事なのね



自信をつけるのではなく自信を無くすものを減らしていくというイメージじゃな 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

当サイトの引き寄せの法則について知りたい人は以下のおまとめ記事をオススメします

↓↓↓
引き寄せの法則を実践する為の超オススメ記事

 

引き寄せコーチングで起きた数々の奇跡の体験談をご紹介します。

↓↓↓
引き寄せの法則の体験談

 

根拠のない自信を持とうとしても持てなかったわけとは?

引き寄せの法則では根拠のない自信が必要だと言われますが、それを持とうとしても今まで持てなかった理由についてここでは解説します。 

 

そもそも引き寄せの法則には自信が必要なのか?

 

引き寄せの法則の本やブログやSNS等を見ていると   「根拠のない自信が必要だ」というようなフレーズをたまに見たりします。

 

しかし、そもそも引き寄せの法則に自信は必要なのでしょうか?

 

教えている講師によって色々と意見が分かれますが、私が考えることは引き寄せの法則には自信を作ることが必要というよりも不安に指せるものを減らすほうが必要だということです。

 

不安になっているものを減らせば残るのは自信になると考えています。

つまり自信をつけるというよりも自信を失わせる考え方や行動が不要だということです。

 

引き寄せの法則は今感じている気分を引き寄せる法則です、不安を感じていれば不安を感じることを引き寄せるようになります。

 

ですから自信を持とうと無理をするよりも不安を感じることを減らし、それで削ぎ落とされて残った元々持っている自信を見出すほうが引き寄せの法則には必要だということです。

 

なぜ今まで根拠のない自信を持とうとしても持てなかったのか?

 

今まで根拠のない自信を持とうとしても、持てなかったのは無い物を作ろうとしていることに無理があったということです。

 

先程の繰り返しになりますが無い自信を無理作ろうとすると、自分の理想とする自信のある姿と自信のない現状とのギャップに苦しみます。

 

つまり自信をつけようとするほど苦しくなってしまうわけです。

 

自信をつけるよりも自信を失わせるものを減らすことが重要になります。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則では不安を引き寄せないようにするためにも自信はあったほうが良い。
ただし、自信をつけようとするのではなく、不安を感じさせるもの自信を失わせるものを減らすことによって本来持っている自信を見出すことが大事。

 

 

【決定版】根拠のない自信を作るための効果的な方法

根拠のない自信を作るとありますが、ここでは自身を作る方法と、自信を失わせるものを減らす方法と2つをご紹介します。 

 

引き寄せの法則に効果的な根拠のない自信を作る方法 その1 体の使い方を変える

 

最初の自信を作る方法は体の使い方を変えるです。

心と体はつながっています。

 

体の使い方を変えれば心も変わります。

 

例えば作り笑いでいいので無理やり笑みを浮かべて下さい、個人差はもちろんありますが、その状態でネガティブな事を考えてもネガティブな気持ちになりくいとおもいます。

 

自信で言えば上を向いて胸を張っている状態を維持すると後から自信があるような感覚がついてきます。

 

心を変えるには最も短時間で効果的な方法と言えます。

 

引き寄せの法則に効果的な根拠のない自信を作る方法 その2 否定的な思い込みを取る

 

次の方法は自信を作るというよりも自信を失わせる要素を減らす方法です。

 

私達は何か願望を描くときに自分に自信がない人ほど  「できない」とか  「無理」とか否定的な思い込みが出てしまいます。

 

例えば  「私はお金持ちになれない」とか  「理想の人と付き合えない」とか、どこかで無理と思ってしまうわけです。

 

そのような否定的な思い込みが出てきたときに、その理由を考えてみましょう。

 

例えばお金持ちになれないという思い込みがあるなら、その理由は何か?と考えてみるわけです。

 

その理由がもしかしたら  「数字に弱い」とか  「いい大学を出ていない」ということが出てきたら、その理由に対して  「本当に?」という感じで自分に質問をしてみて下さい。

 

何度も繰り返しているうちに、それが根拠の無いものだと気づくようになります。

 

例えばお金持ちであれば、数字に弱くても、いい大学を出ていなくてもなっている人はたくさんいます。

 

つまり、それらのものは自分の思い込みだったというわけです。

 

このようにして自信を失わせる思い込みを取って行きます。

 

引き寄せの法則に効果的な根拠のない自信を作る方法 その3 自己否定をやめて自己受容をする

 

これも自信をつけるというよりは自信を失わせる要素を減らす方法です。

 

自分の描く願望に対して自分が叶えられるという自信が持てないという場合に可能性として考えられるのが自己否定をしているということです。

 

自己否定を意識的にも無意識的にもしている人ほど自分自身にダメ出ししているわけですから自信を無くします。

 

まずは自己否定をやめること、それが重要になります。

 

自己否定をやめる事ができたら次にやって欲しいのが自己受容です。

 

自己受容とは否定も肯定もせずにありのままを受け入れるというものです。

 

これらを習慣にすることによって自分自身のをありのままに受け入れることが出来ると、結果として今現在の自分に対する自信が残るようになります。

 

これは作った自信ではなく素の自分の等身大の自信ということになりますから無理がないわけです。

 

自己受容について詳しくはこちらの記事を御覧下さいませ。

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

引き寄せの法則に効果的な根拠のない自信を作る方法 その4 目標を決めて後から自信を作る

 

引き寄せの法則に失敗する人ほど目標に対して十分な根拠が出来てから動こうとします。

 

しかし成功している人ほど、その目標に対して根拠がなくても、まずは動くことから決めています。

そして根拠は動いた後から作るというプロセスを繰り返しています。

 

これがいわゆる根拠のない自信です。

 

自信があるかないかは関係なく、まずは目標を決めて、動いた後から結果として根拠が出来ればいいと思っているので、自信があろうがなかろうが関係ないわけです。

 

もちろんいきなり大きな目標に挑戦するわけではなく、まずは小さな容易に達成しやすい目標から叶えていき、そして徐々に大きな目標に移行していくというのがベストです。

 

引き寄せの法則に効果的な根拠のない自信を作る方法 その5 好奇心のあるものをやる

 

最後は好奇心のあるものやるというものです。

 

もし、あなたが叶えたい願望が世間一般的な視点で見て良いと言われている願望だった場合、それは必ずしもあなたの心の奥底では望んでいない願望かもしれません。

 

高級外車に乗る、豪邸に住むなど、ステータスとしていいなと思っていても、それがあなたが心から望む願望ではない可能性があります。

 

そういった願望というのはモチベーションが続かず、挫折しやすいものです。

それが結果として自信を失わせることになるのです。

 

一方で心から叶えたい、好奇心が持てるものというのは、自信がある無しに関わらずやりたいことなので継続することが出来ます。

 

こういった事をやり続けていく中で自然と自分に対して願望が叶えられる人間であるという信頼を持つことが出来て、それが自信に繋がります。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則に効果的な根拠のない自信を作る方法は「体の使い方を変える」「否定的な思い込みを取る」「自己否定をやめて自己受容をする」「目標を決めて後から自信を作る」「好奇心のあるものをやる」の5つ。

自信をつけるというのも大事だが自信を失わせるものを減らすということも大事。


 

【決定版】引き寄せの法則で根拠のない自信を作る効果的なやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・引き寄せの法則では不安を引き寄せないようにするためにも自信はあったほうが良い。
ただし、自信をつけようとするのではなく、不安を感じさせるもの自信を失わせるものを減らすことによって本来持っている自信を見出すことが大事。

・引き寄せの法則に効果的な根拠のない自信を作る方法は「体の使い方を変える」「否定的な思い込みを取る」「自己否定をやめて自己受容をする」「目標を決めて後から自信を作る」「好奇心のあるものをやる」の5つ。

自信をつけるというのも大事だが自信を失わせるものを減らすということも大事。

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です