引き寄せの法則で友人と最高の人間関係を作る3つのやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「友人との最高の人間関係を築きたい」とお考えのあなたへ、この記事では引き寄せの法則で、よりよい友人関係を作る方法についてご紹介します。

 

記事を読むメリット

・引き寄せの法則で友人とのよりよい人間関係を作る方法がわかる

・人間関係を築くために役立つ本がわかる

 


記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則を使ってよりより人間関係を作る方法と、それとあわせて引き寄せの法則以外の要素も含めたよりより人間関係を築く方法についてご紹介します。

 

記事の後半

記事の後半ではよりよい人間関係を築くのに役立つ本についてご紹介します。

 

まずは結論から

友人との人間関係を長くよりよい状態で築くために必要な事は「自己否定」をやめること、自己否定は集合無意識を通じて他人に投影されることがあるので、自己否定を続けているとやがて友人との人間関係にヒビが入る可能性があるので気をつける必要がある。

次に大切なことは感謝をすること、友人に対して感謝を出来ることを考え感謝すること、その気持を持って接すると相手の態度にも影響を与えます。

最後に自分がコントロールできる事に集中することで自分の器を大きくし相手に振り回されない精神状態を作ることが重要。

 

自己否定は自分だけの問題ではなく相手にも影響するのね 



集合無意識は他人ともつながっているから、自己否定を繰り返して自分で処理できないと他人に投影され、それが人間関係の悩みを作り出すのじゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

 

最高の友人関係を作る3つのやり方


よりよい友人関係を築くに当たり引き寄せの法則の視点から見た方法とそれ以外の方法も交えてご紹介します。 

 

友人とのより良い人間関係を築く方法 その1 自己否定をやめる

 

これまで多くの人のコーチングを通して悩みや問題を抱える人ほど自己否定が多いということが分かりました。

特に人間関係においては自己否定が強いというのは大きな問題があります。

 

自己否定というと自分だけの問題だと考えがちですが、人と人は集合無意識というところを通じてつながっています。

 

自己否定によって生まれたストレスを自分だけで処理出来ない場合に集合無意識を通じて他人に人間関係の悩みとして投影されます。

 

その為、引き寄せの法則の視点で言えば友人との関係を長く続けていくには、まず自己否定をやめることが重要です。

 

自己否定をやめることができたら次にやってほしいのが自己受容です。

自己受容は否定も肯定もせずにありのままの感情を受け入れる事を言います。

自己受容についてはこちらの記事で詳しく解説していますので是非ご覧下さい

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

 

友人とのより良い人間関係を築く方法 その2 感謝をする

 

引き寄せの法則において最も効果的な方法の一つは感謝です。

友人との関係で言えば、今現在関係性が築けていることにまずは感謝することが重要です。

そして友人に対して感謝できることをリストアップして、その一つ一つに感謝をすることも重要です。

 

理想を言えば友人と会う前に感謝できることを思い浮かべ、その一つ一つに感謝し、その状態で友人と会うと感謝の気持を持って友人と接することができます。

 

感謝の気持ちを持って接していると自然と態度に現れますので友人との関係も良くなっていきます。

 

 

友人とのより良い人間関係を築く方法 その3 自分がコントロールできることに集中する

 

最後は引き寄せの法則ではありませんが、より良い人間関係を築いていく上で大切なポイントをご紹介します。

 

それは自分がコントロールできることに集中するということです。

 

人間関係に疲れてしまう要因は相手に振り回されてしまうことが多いのではないでしょうか?これは相手に影響されている状態です。

 

相手に影響されるよりも自分が相手に影響を与えるぐらいの器の大きさになれば相手に振り回される確率は減ります。

 

その為に大切な事は自分がコントロールできることに集中するということです。

自分がコントロールできる事とは、考え方、行動、知識、等です。

これらは自分の活動次第で増やしていく事が出来るものです。

 

そうやって自分が出来ることに集中することで次第に自分の器が大きくなり、器が大きくなることで相手から影響されて振り回される立場ではなく自分が相手に影響を与える立場になり、結果として自分が振り回される確率が小さくなっていきます。

 

ここまでのまとめ

友人とより良い関係を気づいていく方法は3つ「自己否定をやめる」「感謝をする」「自分がコントロールできることに集中する」

 

 

人間関係を築くのにオススメの本


ここからはより良い人間関係を築いていくために役に立つ本についてご紹介します。 

 

「ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇」 本田 健(著)

 

 

ベストセラー作家の本田 健さんが書いた人間関係について書かれた本です。

人を4つのタイプに分けて、そのタイプに応じてどうやって人間関係を改善したらいいかヒントになる本です。

 

この本の面白いところは近い人ほど自分とは真逆の性質を持っており、ポジティブでもないネガティブでもないちょうど中間を目指すことが大事だという教えです。

 

一見理解不可能に思える相手の行動も、この本を読めばかなり理解出来ると思います。

 

7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー(著)

 

日本でも100万部以上の売上を出した名著です。

この本は人間関係に特化した本ではありませんが、この本で書かれている考え方を学べばより良い人間関係を築くことも可能ですし、自分の夢や目標を叶えるのにも役立つ本ですのでオススメです。

 

引き寄せの法則で友人と最高の人間関係を作る3つのやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・友人とより良い関係を気づいていく方法は3つ「自己否定をやめる」「感謝をする」「自分がコントロールできることに集中する」

・よりよい人間関係を築くのにオススメの本は「 ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇」と「7つの習慣」

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です