夫婦カウンセリングよりも効く?引き寄せの法則で離婚回避のやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「離婚は回避したい」とお悩みのあなたへ、この記事では夫婦カウンセリングとは違う引き寄せの法則で離婚を回避する方法について解説します。

 

記事を読むメリット

 

・夫婦カウンセリングとは違う引き寄せの法則で離婚を回避する方法がわかる

 

・人間関係の悩みを解決するやり方がわかる本がわかる

 


記事の前半

記事の前半は夫婦カウンセリングとは違う、引き寄せの法則で離婚を回避する方法について紹介します。
まずは離婚の悩みが起きる理由とその解決策について解説します。

 

記事の後半

離婚を回避するため、あるいは離婚回避が出来たあとの人間関係の悩みを解決していくために役に立つ本について解説します。

 

まずは結論から

●離婚の問題が急に現れる理由の一つは「人生で気づかなければならないメッセージ」があり、そのメッセージからズレた生き方をしている時に離婚のような形で問題が現れます。

また物事を何でもポジティブに考えてしまう癖がかえって悩みや問題を悪化させてしまうこともあります。

●離婚も含めた人間関係の問題は両親との小さい頃の関わり方が原因で悩みとして現象化する可能性があります。

●夫婦カウンセリングと違い、引き寄せの法則では悩みを抱えている自分の内面が全て問題となって現象化すると考えられますのでパートナーをカウンセリングすることはなく悩んでいる本人自身にアプローチします。

自分の内面を改善すると不思議ですが相手の態度が急に変わったりします。

●問題解決の為には離婚が回避できた未来をイメージし感情を感じること、自己否定をやめ、自己受容することで改善する確率が高まります。


離婚も含め夫婦の問題って引き寄せの法則的な視点で見れば相手に問題があるよりも、自分の内面が鏡となって相手に投影されて離婚のような問題として現象化されるということね。 



心理学的に言えば人間は集合無意識というところでつながっている、だから自分の内面を改善すれば自然とパートナーの態度が変わり悩みが解決することもあるのじゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

 

夫婦カウンセリングとは違う引き寄せの法則的な視点で見た離婚の問題が現れた理由とは?


引き寄せの法則というものがあります、その視点で離婚の問題を考えると夫婦カウンセリングとは違った理由や原因が見つかることがあります。ここではその引き寄せの法則的な視点で見た離婚の問題が現れる理由について解説します。


引き寄せの法則とは?

 

引き寄せの法則という言葉を初めて聞く人もいるかもしれません、簡単に言えば 「今あなたが感じている気分と同じものを引き寄せるというものです。

 

引き寄せの法則とは?
「いい気分」を感じていれば、いい気分を感じる出来事が引き寄せられ

 

「悪い気分」を感じていれば、悪い気分を感じることが引き寄せられる
というのが引き寄せの法則の本質です。
この法則を上手く使えばあなたの悩みの解決や今よりももっと幸せを感じること今後の人生で作り出せます。

 

 

これ以降は夫婦カウンセリングとは違った引き寄せの法則の視点で見た離婚の問題が起きる理由と回避の仕方について解説をします

 

離婚の問題は人生のズレを修正させるために起きる?

 

全てとは離婚も含めた人間関係の悩みというのは   「潜在意識」と呼ばれる人間の深層心理から送られるメッセージの可能性があります。

 

そのメッセージとはどのようなものか?というと   「本来あるべき姿、状態、生き方、やり方、考え方」から大きくズレていますよというメッセージです。

 

潜在意識というのは直接言葉ではあなたに問題を伝えることはできないので、悩みや問題という形でトラブルを起こすことによって人生について考えさせようとします。

 

逆に言うとその潜在意識から送られるメッセージに気づき適切に対処をすれば離婚の問題も回避することが出来る可能性があります。

 

ポジフリを続けていると問題が起きる可能性がある

 

ポジティブというのは一般的には良いものとされています。

物事をネガティブに考えるよりはポジティブに考えたほうが良いと世間的には思われています。

 

しかし極端なポジティブ思考が習慣になっていると、本来ネガティブなことが起きた時に立ち止まって考えるべき問題を無視してしまう恐れがあります。

 

先程の説明でもわかるようにネガティブな事は人生からのズレを教えるサインの可能性があります。

 

そういったものを無視して何でもかんでもポジティブに考えるのは危険です。

このように極端にポジティブに考えることを「ポジフリ」と言います。

 

離婚も含めた人間関係の問題はこのポジフリが原因で起きている可能性もあります。

 

両親の影響で離婚の問題が現れる?

 

離婚も含め人間関係の問題の原因になっている理由の一つに両親の影響があります。

 

これは今現在両親との関係が良好であっても、子供の頃に両親との関係においてネガティブな記憶が残っているとそれが大人になって影響する可能性があります。

 

また幼すぎる頃の記憶は大人になって忘れていても潜在的に残っていて大人になっても影響します。

 

それらの影響が潜在意識で心理的なブロックになり、パートナーの関係性が急に悪くなったり、それが離婚という現象となって合われる可能性があります。

 

問題は集合無意識を通じてパートナーに問題となって投影される

 

心理学的に言えば自分と他人は  「集合無意識」というところでつながっていると言われています。

 

自分の中での劣等感や恐れ不安が自分で処理できない場合にそれが他人に問題として投影されるという場合があります。

 

その現象の一つが離婚という形で現れる場合もあります。

 

自分の問題だからと言って放置をしていると、いずれそれが自分では予想もしていなかった問題として現象化する可能性があります。

 

ここまでのまとめ

離婚のような問題が現れる理由を引き寄せの法則的な視点で考えると「離婚の問題は人生のズレを修正させる為」であったり「ポジフリを続けている事が原因」であったり「両親の影響が原因」であったり「集合無意識を通じてパートナーに問題となって投影される」等が理由として考えられる


 

夫婦カウンセリングとは違う引き寄せの法則的アプローチ


夫婦カウンセリングとの決定的な違いについてここでは解説します。 

 

パートナーにはアプローチせず自分の内面を変えることで問題が解決する


夫婦カウンセリングとの決定的な違いは、パートナーにはアプローチせず自分自身の内面にアプローチをするというものです。

 

夫婦間の問題の場合、両方にアプローチする方法が一般的には多いと思います。

 

しかし引き寄せの法則の場合は、どちらか一方が自分の内面を見つめて改善することで、もう一方のパートナーの態度も変わってしまうという現象が起きます。

 

そこが夫婦カウンセリングとの決定的な違いで相手を変えなくても自分の内面を変えることによって問題が自然と解決するという特徴が引き寄せの法則にはあります。

 

ここまでのまとめ

夫婦カウンセリングとの決定的な違いは相手を変えるのではなく、自分の内面を変えることによって相手が変わるというものである


 

引き寄せの法則的離婚回避のやり方


ここまでは離婚の問題がおきる理由や原因について解説してきましたがここからは引き寄せの法則的な離婚回避のやり方について解説します。

なお、ここで解説するのは比較的軽度な問題であり深刻な問題の場合は潜在意識を扱うプロのコーチやセラピストにご相談されることをオススメします。

 

離婚回避の為の引き寄せの法則3つのステップ

 

離婚回避するための引き寄せの法則を3つのステップで解説します。

 

ステップ1 離婚が回避できた未来をリアルにイメージする

 

最初のステップは離婚が回避できた未来をリアルにイメージをするです。

 

ここで大事なのはリアルにイメージをするということです。

 

離婚の問題が解決した未来をイメージした時に、何が見えて、何が聞こえて何に触れているのか?そういったことも含めてイメージすることが重要になります。

 

イメージが苦手という人もいると思いますので、その場合はこちらの記事を参照して頂ければ幸いです。

↓↓↓

引き寄せの法則での正しいイメージングのやり方を知っていますか?

 

ステップ2 離婚が回避できた未来のイメージをしたら、その時の感情を味わう

 

ここが最も重要です。

なぜならば引き寄せの法則は今感じている気分にあったものを引き寄せる法則です。

 

離婚が回避できた時には、あなたは何らかの感情を感じていると思います。

 

例えば離婚を回避出来た時に安心感を感じているなら安心感を感じさせてくれることを引き寄せます。

 

感謝という感情もとてもいい感情です。

理想の未来をイメージして問題が回避できた時に感謝を感じる事ができれば、感謝したくなるような事を未来に引き寄せます。

 

感謝は引き寄せの法則において最もよい感情の一つとされています。

感謝についての効果等についてはこちらの記事でご紹介していますのでご参照下さいませ。

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 

ステップ3 閃きや直感にもとづいて行動する

 

最後のステップは行動です。

引き寄せの法則で多い誤解は「引き寄せの法則には行動は必要ない」と思われている点です。

 

行動しなくても変わるような引き寄せの法則もありますが、実際には行動したほうが成功率は高まります。

 

その時に大事なのは闇雲に行動するのではなく引き寄せの法則の実践中に起きた閃きや直感にもとづいて無理の無い範囲で行動するということです。

 

そういった閃きや直感は潜在意識からの大事なメッセージの可能性が高く、それに従って行動すると成功率が高くなる可能性があります。

 

以上が引き寄せの法則の3ステップです、是非お試し下さい。

 

離婚回避に向けて習慣化してほしいこと

 

これまで様々な人の悩みを聞いて解決をしてきましたが原因となっている理由の中で多かったのが、人間関係の悩みを抱えている人ほど自覚しているにしろ、しないにしろ「自己否定」していることが多かったということです。

 

「自己否定は自分だけの問題だからパートナーには関係なのでは?」

 

と思われる人も多いと思いますが、この記事の中で説明したように人と人は集合無意識というものでつながっています。

 

自分の自己否定が積み重なり、そのストレスが消化できないと集合無意識を通じて相手に問題となって投影されます。

 

そのため、まずやめたほうがいいのが自己否定です。

 

自己否定をやめることが出来たら習慣化して欲しいのが「自己受容」です。

 

自己受容とは否定も肯定もせずにありのままの感情を受け入れる事を言います。

 

自己受容については詳しくはこちらの記事で解説しているのでご覧下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

ここまでのまとめ

離婚回避の為に出来る引き寄せの法則の方法は「離婚が回避できた未来をリアルにイメージする」「離婚が回避できた未来のイメージをしたら、その時の感情を味わう」「閃きや直感にもとづいて行動する」の3つのステップ

それ以外にも離婚回避の為に習慣化して欲しいのは自己否定をやめ自己受容を習慣にすること

 

 

人間関係の改善のためにオススメな本


離婚の問題を回避する為にも、あるいは離婚回避後の夫婦間の関係を良くするためにもオススメな本を1冊ご紹介します。 

 

人間関係の問題を4つのタイプで考えて解決する

 

人の特徴を4つのタイプに分類して問題を解決しましょうというアプローチで書かれた本が本田 健さんの 「ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇」という本です。

 

人はポジティブ自立、ネガティブ自立、ポジティブ依存、ネガティブ依存の4つのタイプに分かれ、それぞれが対立した構造になっていて、自分のポジションと対立する相手の立場を理解することで人間関係の問題を解決しましょうというのがこの本で書かれていることです。

 

詳しくは実際に本を手にとってご覧下さい。

 


 

夫婦カウンセリングよりも効く?引き寄せの法則で離婚回避のやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・離婚のような問題が現れる理由を引き寄せの法則的な視点で考えると「離婚の問題は人生のズレを修正させる為」であったり「ポジフリを続けている事が原因」であったり「両親の影響が原因」であったり「集合無意識を通じてパートナーに問題となって投影される」等が理由として考えられる

・夫婦カウンセリングとの決定的な違いは相手を変えるのではなく、自分の内面を変えることによって相手が変わるというものである

・離婚回避の為に出来る引き寄せの法則の方法は「離婚が回避できた未来をリアルにイメージする」「離婚が回避できた未来のイメージをしたら、その時の感情を味わう」「閃きや直感にもとづいて行動する」の3つのステップ、それ以外にも離婚回避の為に習慣化して欲しいのは自己否定をやめ自己受容を習慣にすること

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です