【引き寄せの法則】人から嫉妬されるのは何故?問題を解決するやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「他人から嫉妬されて困っている」とお悩みのあなたへ、この記事では引き寄せの法則の視点で見た嫉妬される理由と解決方法について解説します。

 

記事を読むメリット

 

・引き寄せの法則的な視点で見た他人から嫉妬される理由がわかる

 

・引き寄せの法則的視点で見た嫉妬される場合の解決法がわかる

 

 

記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則の視点で見た嫉妬される理由を集合無意識の話などを交えて解説します。

 

記事の後半

記事の後半では引き寄せの法則的な視点で見た解決のやり方を解説します。

 

まずは結論から

引き寄せの法則の視点から見た場合に他人から嫉妬されるのは内面の何らかの投影が集合無意識を通じて嫉妬という形で現象化している。

つまり自分で引き寄せているということになります。

解決するには自己否定をやめて自己受容をすること、そして感謝をすること、そして引き寄せの法則のステップを使うことが重要になります。

 


人から嫉妬されてしまうのは引き寄せの法則的な視点で言えば内面の投影が集合無意識を通じて現象化しているのね 



問題の解決に必要なのは相手を変えることではなく自分の内面を変えるということが重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

 

引き寄せの法則的な視点で見た嫉妬される原因は内面の投影

簡単に言ってしまえば嫉妬されることも自ら望んで引き寄せているということになるわ、詳しく解説するわね 

 

嫉妬は自分の内面が集合無意識を通じて現実化したもの

 

嫉妬をされるというのは他人が一方的にやっているイメージがあると思います。

 

しかし引き寄せの法則の視点で言えば、他人の嫉妬というのは自分の内面の何かしらの思いが集合無意識という他人とつながっているところを通じて投影されたものと考えます。

 

つまり嫉妬は自ら引き寄せているということになります。

 

これは意識が引き寄せているのではなく、あなたの無意識が引き寄せているということになります。

 

引き寄せの法則的な視点でみた嫉妬を引き寄せるメカニズムを例を交えて解説します

 

例えば、あなたが心の奥底で「愛されたい、注目されたい」と望んだとします。

 

しかし意識上のあなたは、人と関わるのが苦手だったり恥ずかしくて人とのつながりが深くなかったとします。

 

潜在意識は「愛されたい、注目されたい」と願っていますから、どんな形でもいいので相手からの関心を引く方法がないかを探します。

 

その思いが集合無意識を通じて他人に投影されますが、その時によい形ではなく望まない形で「愛されたい、注目されたい」を実現しようとします。

 

それが嫉妬という現象で現れたりします。

 

これは一例ですが、人によって内面で望んでいる理由はそれぞれですが、いずれにしても自分の内面で未消化の思いがあると、それが他人を通じて嫉妬のような望まない形で現象化するということをご理解頂ければと思います。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則的な視点で言えば嫉妬は自分の内面の何らかの思いが集合無意識を通じて他人に投影された現象と言える、つまり自らが嫉妬を引き寄せているということになる。

 

 

引き寄せの法則的な視点で見た嫉妬の解決のやり方

嫉妬される現象を解決するやり方は色々あるけど自分で出来る方法を紹介するわ、ただし自分でやる場合には習慣化して長い目でみた解決を考えたほうがいいわ 

 

引き寄せの法則的な嫉妬される問題の解決のやり方 その1 自己否定をやめる

 

嫉妬は集合無意識を通じて他人に投影されたものと解説をしましたが、そういった状態にならいように出来る工夫の一つが自己否定を辞めることです。

 

自己否定を続けていると消化できなストレスが集合無意識にまで届いて嫉妬の原因となるような現象を作ります。

 

自己否定をやめて集合無意識まで行かないようにすれば嫉妬のような形で現象化しないということになります。

 

引き寄せの法則的な嫉妬される問題の解決のやり方 その2 自己受容をする

 

自己否定をやめることができたら、次に習慣にしてほしいのは自己受容です。

自己受容とは否定も肯定もせずにありのままの感情を受け入れることを言います。

 

自己受容が上手く出来るようになると次第にストレスも減り、嫉妬のような人間関係の悩みが生まれる確率も小さくなっていきます。

自己受容について詳しくはこちらの記事を御覧下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

引き寄せの法則的な嫉妬される問題の解決のやり方 その3 感謝をする

 

効果的な引き寄せの法則のやり方は感謝することです。

引き寄せの法則において感謝は最も簡単で効果的な引き寄せの法則の方法になります。

 

まずは身近な物やお世話になっている人に感謝をすることから始めるのがいいと思います。

 

感謝について詳しくはこちらの記事を御覧下さい

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則の視点で見た嫉妬される問題を解決するやり方は「自己否定をやめる」「自己受容をする」「感謝をする」

 

【引き寄せの法則】人から嫉妬されるのは何故?問題を解決するやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・引き寄せの法則的な視点で言えば嫉妬は自分の内面の何らかの思いが集合無意識を通じて他人に投影された現象と言える、つまり自らが嫉妬を引き寄せているということになる。

・引き寄せの法則の視点で見た嫉妬される問題を解決するやり方は「自己否定をやめる」「自己受容をする」「感謝をする」

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です