引き寄せの法則は願いを手放すと効果があるのは本当なのか?そのやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則をやっているけど上手く行かない」とお悩みのあなたへ、もしかすると、その原因は願望に対する執着が原因かもしれません。この記事では、なぜ執着が良くないのか?その理由と手放し方について解説します。

 

記事を読むメリット

 

・引き寄せの法則ではなぜ願いを手放すと叶うのか?理由がわかる

 

・願いに対する執着を手放す方法がわかる

 

 


記事の前半

記事の前半では願望に対する執着があるとなぜ願いが叶わないのか?その理由について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では願望に対する執着を手放すやり方について解説します。

 

まずは結論から

願望に対しての執着があると、その願望がなかなか叶わないとストレスになり、そのストレスが次のストレスを引き寄せるので願望に対する執着を手放すことが重要。

願望に対する執着を手放すにはリアルに願望をイメージし感じることで脳を満足させること、さらに行動することで願望に近づいている安心感を与え執着を弱めるという2つの方法がある。


願望を叶えたいと強く思うほど、逆に叶わなくなってしまうのね。 



そもそも引き寄せの法則は願望達成の法則ではないことを理解することが重要じゃ、いい気分を感じ続けた結果として願望が叶う確率も上がるのじゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

願望に対しての執着があると、なぜ願いは叶わないのか?

多くの人が引き寄せの法則を使う理由は願望を叶えたいからだと思うけど、そうやって頑張るほど叶わなくなるわ、その理由について解説します。 

 

そもそも引き寄せの法則は願望達成の法則ではない?

 

まず大前提として理解しないといけないのは、引き寄せの法則は願望達成の法則ではないという点です。

 

引き寄せの法則の本質は今感じている気分と同じ出来事を引き寄せるというものであり、何かしらの特定の願望を叶えるものではないということです。

 

その前提がわかっていれば引き寄せの法則は上手くいきますが、その前提がわかっていないと願いを叶えようとして引き寄せの法則を頑張り、結果として逆に願いが叶わないという状態になります。

 

ここまでの説明をすると「引き寄せの法則では願いが叶わないのでは?」と思われる人もいますが、そうではなく引き寄せの法則を実践し続けいい気分を感じることを実践し続けた結果として願望が叶う確率が高くなります。

 

願望に対しての執着が強ければ願いはますます叶わなくなる

 

願望に対しての執着が強ければ願いはますます叶わなくなります。

 

なぜなら、願望を叶えようとして引き寄せの法則を実践しても結果が出ない、結果が出ないからもっと引き寄せの法則を頑張る、この繰り返しによって願望を叶えようとという執着も強くなり、さらに執着が生まれる過程でストレスも発生します。

 

そのストレスが次のストレスを引き寄せるという構図になります。

 

そういった点で引き寄せの法則の実践においては願望に対する執着を手放した状態で実践することが重要になります。

 

ここまでのまとめ

・引き寄せの法則は本来は願望達成の法則ではなく、今感じている気分と同じ気分を感じる出来事を引き寄せる法則

・願望に対する執着が強ければ、その執着がストレスになり、今度はストレスを引き寄せるようになるので、執着を手放して引き寄せの法則を実践することが重要。

 

 

願望に対する執着を手放す方法

 

願望に対する執着が良くないとわかったけど、実際にはどうしたらいいの?と思っている人もいると思いますので、ここでは願望に対する執着を手放す方法を2つご紹介します。 

 

願望に対する執着を手放す方法 その1 願望をリアルにイメージして感情を感じる

 

最初の執着を手放す方法は 「リアルにイメージして感情を感じる」です。

 

よく脳はイメージと現実を区別出来ないと言われますが、自分の願望をリアルにイメージして、その体験を十分に味わい感情を感じることで執着を弱めることが出来ます。

 

そもそも執着が強いのは欲しい物が手に入っていないからなのですがイメージの中でも、それを体験することができれば感情レベルで満足することが出来ます。

 

リアルにイメージして感情を感じる、これが重要ですが中にはイメージが苦手という人もいると思います。

 

以下の記事でイメージ方法について解説していますので是非ご覧下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則での正しいイメージングのやり方を知っていますか?

 

願望に対する執着を手放す方法 その2 行動する

 

2つ目の執着を手放す方法は「行動する」です。

 

引き寄せの法則には行動は必要ないと思われていますが、確かに行動しなくても結果が出る引き寄せの法則もありますが、行動しないよりは行動した方が結果が出やすいのも事実です。

 

そして大事なのは行動しないで家でずっと引き寄せの法則を実践するのと、引き寄せの法則を実践しつつも願望に対して行動をしているのと、どちらが願望に近づいているという安心感が得られるでしょうか?個人差はあると思いますが後者だと思います。

 

執着というのは願望から遠ざかっているほど強く感じる傾向にあります、しかし行動することによって少しでも近づいているという安心感が得られれば執着も行動しないよりは弱まると思いますので行動することはとても大事だと思います。

 

ここまでのまとめ

執着を手放す方法は「願望をリアルにイメージして感情を感じる」と「行動する」の2つ

 

引き寄せの法則は願いを手放すと効果があるのは本当なのか?そのやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・引き寄せの法則は本来は願望達成の法則ではなく、今感じている気分と同じ気分を感じる出来事を引き寄せる法則

・願望に対する執着が強ければ、その執着がストレスになり、今度はストレスを引き寄せるようになるので、執着を手放して引き寄せの法則を実践することが重要。

・執着を手放す方法は「願望をリアルにイメージして感情を感じる」と「行動する」の2つ

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です