引き寄せの法則でどん底から這い上がることは可能か?そのやり方とは?

引き寄せの法則が出来ない人の為の引き寄せブログ

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則でどん底の状態から這い上がりたい」とお考えのあなたへ、この記事では引き寄せの法則でどん底から這い上がるための方法について解説します。

 

記事を読むメリット

 

・引き寄せの法則の視点で見たどん底な状態が起きる理由がわかる

 

・引き寄せの法則を使ってどん底から這い上がる方法がわかる

 

 

記事の前半

記事の前半では、引き寄せの法則の視点で見たどん底な状態になる理由と、引き寄せの法則をやってもどん底から這い上がることが出来なかった理由について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では、引き寄せの法則的な視点で見たどん底から這い上がる方法について「ポジティブ思考だけではダメな理由」「質問を使ってどん底から這い上がる」「どん底のメリットを考える」「現実的な行動をする」「感謝を実践する」というテーマで解説します。

 

まずは結論から

引き寄せの法則的な視点で見た、どん底を経験する理由としては、人生において気づかなければならない大事なことに気づかせる為に起きている可能性が高い。

どん底から這い上がるにはまずは起きている問題のメッセージに気づくこと、そして引き寄せの法則だけではなく現実的な行動もすること、あわせて感謝を実践することが重要。


引き寄せの法則を使って人生のどん底から這い上がるためには、まずは一度立ち止まって今起きている問題から人生が伝えたいメッセージに気づくことが大切なのね。 



ポジティブになる前に一度今のネガティブをちゃんと受け止めることが重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

当サイトの引き寄せの法則について知りたい人は以下のおまとめ記事をオススメします

↓↓↓
引き寄せの法則を実践する為の超オススメ記事

 

引き寄せコーチングで起きた数々の奇跡の体験談をご紹介します。

↓↓↓
引き寄せの法則の体験談

 

引き寄せの法則の視点で見たどん底な状態になる理由

人生でどん底な経験はなるべくしたくないですよね、でもなぜそのような経験をしてしまうのか?引き寄せの法則の視点から解説します。 

 

どん底な状態を経験するのは人生からのメッセージ

 

どん底の状態を経験するのは、様々要因や理由がありますので一概には言えませんが、引き寄せの法則の視点で見た場合には、それは人生からのメッセージの可能性があります。

 

潜在意識はどのような生き方をすれば幸せになれるかを知っています。

 

しかし、潜在意識が望むような生き方が出来ていない時に潜在意識は、その人に望むような生き方をして欲しいと思うようになります。

ただし、知らせたくても伝える手段がありません、そこで気づきやすように悩みという形で気づかせようとします。

 

そのメッセージに気づき早くから修正が出来ていたらいいのですが、修正できないまま過ごす人もいます。

 

その積み重ねで悩みが次第に深くなり、そして最後にはどん底を経験するような深い悩みとして現実化します。

 

つまりどん底の経験とは人生からのメッセージに気づけなかったことの積み重ねで起きている可能性が高いということです。

 

引き寄せの法則をやってもどん底から這い上がることが出来なかった理由

 

どん底な状態の時に引き寄せの法則を実践したのにも関わらず効果が無かったとしたら、それは大切なある視点が抜けているのかもしれません。

その大切な視点は   「ネガティブを受け入れる、認める」という視点です。

 

ポジティブ思考ではダメ

 

 

先程、説明したように人生で深い悩みを経験するのは人生で気づかないといけないメッセージがあるとお伝えしました。

 

その人生からのメッセージを読み取らずに、早くどん底から抜け出そうとして無理矢理にポジティブ思考になろうとする人がいます。

しかし、人生からのメッセージを無視してポジティブになろうとすると闇を深くしてしまいます。

 

潜在意識は私達に気づいて欲しくてメッセージを送っているのにも関わらず、それを無視してポジティブに考えるとどうなるのか?更に気づかせるために問題を大きくします。

 

その積み重ねで出来たのが人生のどん底だからです。

 

つまり従来の引き寄せの法則を試して効果が出なかった人ほど、そういったメッセージを無視してポジティブになろうとしている可能性が高いということです。

 

イメージングやアファメーションをやっても効果はない?

 

 

引き寄せの法則を教えている講師の中には、イメージングやアファメーションを繰り返しやれば潜在意識が変わり、そして引き寄せが起きると教えている人がいます。

 

間違いではないのですが、人生がどん底の時は特に、いきなりポジティブになるのではなく、まずは一旦ネガティブな事や起きている現実を認めて受け入れるということが大事です。

 

繰り返しになりますが人生で起きている悩み、特にどん底を経験するような苦しい体験というのは、人生からのメッセージに気づいて欲しいという意図があります。

 

そんな時にポジティブなイメージングやアファメーションを繰り返しやれば、ますます影が深くなり、そして更なるどん底経験しかねません

 

ポジティブなイメージングやアファメーションを繰り返しやって辛くなるなら、それはあっていません。

 

まずは自分の今感じている気持ちを素直に認め受け入れるということが大事です。

 

ここまでのまとめ

人生でどん底を経験するのは引き寄せの法則的な視点で見れば人生で修正すべきことに気づいて欲しいというメッセージを伝えるため。

まずはネガティブなことも受け入れ認めることから、それをやらずにイメージングやアファメーションをしても影が深くなるだけ。

 

 

引き寄せの法則的な視点で見たどん底から這い上がる方法

まずはネガティブな事も受け入れ認めるということを踏まえた上で引き寄せの法則の視点で見た人生のどん底から這い上がる方法について解説します。 

 

引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法 その1 いきなりポジティブに考えない

 

引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法の最初はいきなりポジティブに考えないということです。

 

繰り返しになりますが、今起きている問題というのは人生からあなたに気づいて欲しいメッセージがあるということです。

 

そのメッセージを無視してポジティブに考えようとすると、もっと悪化します。

 

どん底の時はいきなりポジティブに考えずにまずはいま起きている事を受け止めネガティブを感じているなら、それも認め受け入れる事が大切です。

 

 

引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法 その2 自分に質問をする

 

次の方法は自分に質問をするという方法です。

自分に質問をすることで問題の解決のスピードが早くなります。

 

どん底から這い上がる質問 その1 この問題から何を学びたいのか?

 

繰り返しになりますが、人生のどん底を経験するというのは潜在意識からのメッセージの可能性があります。

この質問をすることで潜在意識があなたに伝えたいメッセージがわかるかもしれません。

 

ただし、悩みが深いほど表面的にはわからない答えが隠されている場合もあります。

 

その時には潜在意識を扱うプロのコーチやセラピストに相談をされることをオススメします。

 

 

どん底から這い上がる質問 その2 この問題が解決したらどんな気分になるのか?

 

引き寄せの法則の本質は願望達成の法則ではなく、今感じている気分と同じ気分の出来事を引き寄せる法則です。

 

いい気分を感じていればいい気分を感じることを引き寄せます。

 

今起きているどん底の状態が解決された時に、あなたはどんな気分を感じていますか?その気分を感じてみて下さい。

 

感じる時間が長いほど、その気分と同じ出来事を引き寄せるようになります。

そして気がつけばどん底から抜け出している可能性も高いと思います。

 

引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法 その3 どん底のメリット考える

 

人生のどん底で苦しい時になかなか考えにくいとは思いますが、今起きている問題にも必ずメリットがあると考えらます。

 

例えば病気や怪我などは確かにマイナスな出来事ですが、それらを通じて体を休めることが出来たり、誰から心配や気遣いをしてもらえるというメリットも同時に存在しています。

 

マイナスの面だけに目を向けると苦しく辛いと思いますが同時に存在しているプラスの面にも目を向けることで気持ちが落ち着き安定します。

 

引き寄せの法則を効果的にするには気持ちの安定も重要だと思いますので是非考えてみて下さい。

 

引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法 その4 現実的な行動をする

 

引き寄せの法則を実践している人に時々見かける傾向ですが、問題を引き寄せの法則だけで解決しようとする傾向です。

 

ほんの少しの現実的な行動をとれば意外と早く解決するようなことも引き寄せの法則にこだわって、それだけで解決をしようとすると余計に悪化する恐れもあります。

 

引き寄せの法則の実践もしつつも現実的に出来ることを実践することが重要です。

 

引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法 その5 感謝を実践する

 

最後は感謝を実践するです。

 

引き寄せの法則で最も効果的で簡単な方法が感謝です。

 

どん底の時であっても見渡せば感謝が出来ることはないでしょうか?家があること、ご飯が食べれること、気にかけてくれる人がいることなど、人によっても違いますが、意識を向ければ感謝できることもあると思います。

 

その一つ一つに思いを向けながら感謝の気持を込めて   「ありがとう」と言ってみましょう。

そうすることによって人生が徐々に好転するようになると思います。

 

感謝については詳しくはこちらの記事を御覧下さい

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します


 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法は「いきなりポジティブに考えない」「自分に質問をする」「どん底のメリット考える」「現実的な行動をする」「感謝を実践する」の5つ。

起きていることを受け止めつつ、起きている問題の意味を考え、現実的な行動と感謝を実践することが重要です。


 

引き寄せの法則でどん底から這い上がることは可能か?そのやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・人生でどん底を経験するのは引き寄せの法則的な視点で見れば人生で修正すべきことに気づいて欲しいというメッセージを伝えるため。

まずはネガティブなことも受け入れ認めることから、それをやらずにイメージングやアファメーションをしても影が深くなるだけ。

・引き寄せの法則の視点で見たどん底から這い上がる方法は「いきなりポジティブに考えない」「自分に質問をする」「どん底のメリット考える」「現実的な行動をする」「感謝を実践する」の5つ。

起きていることを受け止めつつ、起きている問題の意味を考え、現実的な行動と感謝を実践することが重要です。

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です