引き寄せの法則で離婚を回避することは可能なのか?そのやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則で離婚を回避したい」とお考えのあなたへ、この記事では引き寄せの法則で離婚を回避する為のやり方について解説します。

 

記事を読むメリット

 

・引き寄せの法則を使った離婚を回避するやり方がわかる

 

・夫婦関係を良くしていく方法がわかる

 


記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則を使って離婚を回避するやり方と離婚が回避できない原因について解説します

 

記事の後半

記事の後半では離婚が回避出来た後に夫婦関係を良くしていく為にはどうしたらいいか?について解説をします。

 

まずは結論から

引き寄せの法則的な離婚を回避するためのステップは3つ、1.離婚が回避できた未来をリアルにイメージする、2.離婚が回避出来た未来の気分を味わう、3.閃きや直感にもとづき行動する

3つのステップをやっても改善ができな場合の原因は、1.潜在意識に根深い離婚が回避できない心理的なブロックがある、2.将来的に見て離婚したほうがいい理由がある、の2つ


離婚が回避できた未来のイメージより重要なのは、それが出来た時の気分が重要なのね 

 

潜在意識的には離婚の問題が起きるような状況になったのは、満たされていない気分が原因なっている可能性が高いから、その気分を引き寄せの法則のステップを使って満たしてあげることが重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

 

離婚を回避する引き寄せの3ステップ


引き寄せの法則と言っても色々やり方がありますが、ここではステップに沿った離婚回避の為の引き寄せの法則について解説します。 

 

ステップ1 離婚が回避できた未来をリアルにイメージする

 

最初のステップは離婚が回避できた未来をリアルにイメージするです。

次のステップを有効に活かすためにも最初のステップは重要です。

 

離婚が回避できた時に、何を見て、どんな音が聞こえ、どんな感触があるのかをイメージすることが重要になります。

 

イメージが苦手という人もいると思いますのでこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧下さい

↓↓↓

引き寄せの法則での正しいイメージングのやり方を知っていますか?

 

ステップ2 離婚が回避出来た未来の気分を味わう

 

引き寄せの法則で多い誤解はイメージが重要だと思われている点です、引き寄せの法則では実際にはイメージよりも感情が大事です。

 

そしてさらに重要なのは、離婚の問題が回避できた直後にどんな気分を感じるのか?です。

 

実は離婚のような悩みや問題が生まれるのは普段感じたいと思っている気分を抑圧して感じていない事が原因です。

 

感情を抑圧しすぎた結果、そのストレスを処理できなかった潜在意識は悩みや問題の一つとして離婚の問題が生まれるような現象を作り出します。

 

ステップ2では回避出来た直後の気分にフォーカスすることが重要です、その気分が可能性としてはあなたが普段から抑圧して感じたいと思っていた感情の可能性が高いと思われます。

 

ステップ3 閃きや直感にもとづき行動する

 

最後のステップは閃きや直感にもとづいて行動するです。

 

これも引き寄せの法則で多い誤解が、引き寄せの法則には行動は必要ないと思われている点です。

 

行動しなくても引き寄せられるものもありますが、行動しないよりはしたほうが結果は早く出ます。

 

ただし闇雲に行動するのではなくて、引き寄せの法則を実践する過程で訪れる閃きや直感にもとづいて行動することが重要になります。

 

ここまでのまとめ

離婚を回避するための引き寄せの法則のステップは3つ、1.離婚が回避できた未来をリアルにイメージする、2.離婚が回避出来た未来の気分を味わう、3.閃きや直感にもとづき行動する

 

 

離婚回避が出来ない原因とは?


引き寄せの法則のステップを使っても離婚の回避が出来ないとしたら、その原因について解説をします。 

 

離婚回避が出来ない原因その1 潜在意識にブレーキがある

 

先程の引き寄せの法則のステップを使っても問題が解決されない場合に原因として考えられるのが潜在意識にブレーキがあるというものです。

 

この話はなかなか信じられないことかもしれませんが潜在意識的には離婚したほうがメリットがあると思っている場合もあります。

 

その潜在意識にあるブレーキを外さない限り表面上の努力をしても離婚が回避できない可能性があります。

 

潜在意識にあるブレーキはかなり深い部分に隠れている場合があるので本格的に改善したい場合は潜在意識を扱うプロのコーチやセラピストにご相談して頂くことをオススメします。

 

 

離婚回避が出来ない原因その2 離婚をしたほうが将来的にはいい理由がある

 

その次の理由は離婚したほうが将来的にはいい理由があるというものです。

 

今の現時点では離婚をすることは精神的にも、あるいは経済的にもやりたくないと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし長期的な視点で見た場合には結果として今のタイミングで離婚をするのがベストだと潜在意識が考えた場合には、どんなに努力しても離婚が回避できない場合があります。

 

今の視点で考えずに未来の視点になって、今離婚したほうがいいメリットがあるとしたらどんなメリットがあるか考えるのも方法の一つです。

 

逆に下手に離婚が回避が出来てしまうと後々後悔するということもあるかもしれません。

 

もし、それでも離婚をどうしても回避したいという場合には試せる方法としては1.自己受容をする、2.感謝を実践するの2つが考えられます。

 

それぞれの方法については以下の記事をご参照下さいませ。

 

自己受容について

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

感謝について

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 


ここまでのまとめ

離婚が回避できない原因は2つ、離婚回避が出来ない原因その1 潜在意識にブレーキがある 離婚回避が出来ない原因その2 離婚をしたほうが将来的にはいい理由がある

それでも離婚を回避したいという場合にはできる方法としては自己受容や感謝を実践するという方法がある

 

 

夫婦関係を良くする方法


もし、離婚回避が出来たら、その後の夫婦関係をよりよいものにしたいですよね?ここではより良い夫婦関係を築く秘訣について解説します。 


 

よりよい夫婦関係築く方法その1 相手の話を中断せずに最後まで聞く

 

凄くシンプルで当たり前のように聞こえると思いますが、ほとんどの人が相手の話を最後まで聞くという習慣を持っていません。

 

よりよい夫婦関係を築くには、まずは良質なコミュニケーションが重要になります。

 

その中でも簡単な方法が相手の話を中断せずに最後まで聞くという方法です。

 

日常生活を振り返ると話を聞いているようでも自分の話をしたり、相手の話を遮ってしまったり等、よいコミュニケーションが取れていない場合があります。

 

離婚が回避できたら、その関係性を良くしていく上でも最後まで話しを中断せずに聞くというのを取り入れて頂くことをオススメします。

 

 

よりよい夫婦関係築く方法その2 相手と話す前に自分に質問する

 

よりよい夫婦関係を築く方法のその2は相手と話す前に自分に質問するという方法です。

 

どんな質問をするのか?というと

 

「相手に感謝できることは何だろう?」

 

「相手に貢献できることは何だろう?」

 

こういった質問を事前にしてから相手と接すると感謝であったり、貢献の気持ちが高まった状態で接することができるようになり、そうなれば自然と相手もあなたに対して、いい印象を持ってくれるようになります。

 

毎回は出来ないかもしれませんが、時間があれば是非接する前に自分に質問をしてから接することをオススメします。

 

引き寄せの法則で離婚を回避することは可能なのか?そのやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・離婚を回避するための引き寄せの法則のステップは3つ、1.離婚が回避できた未来をリアルにイメージする、2.離婚が回避出来た未来の気分を味わう、3.閃きや直感にもとづき行動する

・離婚が回避できない原因は2つ、離婚回避が出来ない原因その1 潜在意識にブレーキがある 離婚回避が出来ない原因その2 離婚をしたほうが将来的にはいい理由がある

それでも離婚を回避したいという場合にはできる方法としては自己受容や感謝を実践するという方法がある

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です