【引き寄せの法則】連絡が来る事を引き寄せられないのはなぜ?

引き寄せの法則が出来ない人の為の引き寄せブログ

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則を使って連絡を引き寄せたいけど引き寄せられない」とお悩みのあなたへ、この記事では引き寄せの法則で連絡を引き寄せたいけど引き寄せられない理由と連絡が来る確率を上げるための効果的なやり方について解説します。

 

記事を読むメリット
 

・引き寄せの法則を使っても連絡を引き寄せられなかった方法がわかる

 

・引き寄せの法則を使って連絡を引き寄せる確率を上げる方法がわかる

 

 


記事の前半

記事の前半では、引き寄せの法則で連絡が引き寄せられなかった理由として「引き寄せの法則は相手をコントロールする法則ではない」「潜在意識を変えれば、思いを送れば相手から連絡が来るというものではない」「イメージングやアファメーションやノートを書いても連絡が引き寄せられないわけ」という点について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では、連絡を引き寄せる確率を上げる方法として「連絡が来た時のイメージよりも感情を味わうことを大切にする」「感謝を実践する」「他の事に集中する」というテーマについて解説します。

 

まずは結論から

引き寄せの法則では、相手をコントロールするようなことは出来ない。

また特定の願望を叶えるというのは引き寄せの法則の本質ではないので、狙って連絡を引き寄せるのは難しい。

確率を上げる方法としては、連絡が来るイメージよりも、連絡が来た時にどんな気分を感じているのか?に集中することが大事、あわせて感謝の実践が重要になる。


引き寄せの法則って相手をコントロールする技術ではないということを理解することが大事ね 



何としても連絡を引き寄せたいと思って頑張ると失敗するのじゃ、リラックスして実践することが重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

当サイトの引き寄せの法則について知りたい人は以下のおまとめ記事をオススメします

↓↓↓
引き寄せの法則を実践する為の超オススメ記事

 

引き寄せコーチングで起きた数々の奇跡の体験談をご紹介します。

↓↓↓
引き寄せの法則の体験談

 

引き寄せの法則で連絡が引き寄せられなかった理由とは?

引き寄せの法則を実践しても連絡が来なかったのは、引き寄せの法則の本質を理解していないからかもしれません、ここでは引き寄せの法則の本質も踏まえて連絡が来なかった可能性について解説します。 

 

引き寄せの法則は相手をコントロールする法則ではない

 

引き寄せの法則で相手からの連絡を引き寄せたいと思う多くの人は、引き寄せの法則を使えば、その思いが相手に伝わり、そして連絡が来ると思っているのではないでしょうか?

 

しかし引き寄せの法則は、そのように相手をコントロールする技術ではありません。

 

引き寄せの法則の本質は願望達成の法則ではなく今感じている気分と同じ気分の出来事を引き寄せる法則です。

 

相手からの連絡を引き寄せようと必死になると執着が生まれ、ストレスを感じストレスを引き寄せてしまいます。

 

大切なのは楽しみながらやることです。

 

潜在意識を変えれば、思いを送れば相手から連絡が来るというものではない

 

よく潜在意識を変えると相手から連絡が来ると教えている本やブログなどを見かけます。

 

しかし、これは潜在意識を変えて思いを送って相手から連絡をさせようとするようなコントロール的なイメージで考えていると失敗します。

 

人には集合無意識というものがあり、それを通じて人と人はつながっていますが、だからといって、それによって相手に念を送れば相手が連絡してくれるというものではありません。

 

潜在意識を変えて相手から連絡が来る可能性があるとすれば、それは自分の中の自己否定であったり、不安であったり、そういった自分の中の否定的な思いが取れた時に連絡が来る確率が上がる可能性はあります。

 

つまり相手を変えようとするのではなく、自分が変わり心が落ち着いた時に結果として相手が変わり連絡が来る事があるのです。

 

イメージングやアファメーションやノートを書いても連絡が引き寄せられないわけ

 

相手からの連絡を引き寄せるために、巷にある方法ではイメージングやアファメーションやノートを書くことを勧めているものもあります。

 

しかし、それらの方法をやっても引き寄せられないのは、そこに大切な感情を込める、感じるというのが欠けているからです。

 

つまり、それらの方法が引き寄せているのではなく、それらの方法を実践している時に、いかに良い感情を感じているのか?それが重要なのです。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則は、相手をコントロールする技術ではない、今感じている気分と同じ気分の出来事を引き寄せるというのが本質。

大切なのは、いかにいい気分を感じるのか?が重要。

 

連絡を引き寄せる確率を上げる方法

引き寄せの法則は相手をコントロールするものではなく、狙って引き寄せるものではないと説明しましたが、確率を上げることはできます、ここではその方法について解説します。 


連絡を引き寄せる効果的な方法 その1 連絡が来た時のイメージよりも感情を味わうことを大切にする

 

引き寄せの法則で大事なのはイメージよりも感情です。

 

繰り返しになりますが引き寄せの法則の本質は今感じている気分と同じことを引き寄せるというものです。

 

ですから、連絡が来ることのイメージに力を注ぐよりも、その連絡が来た時にどんな気分を感じているのか?それに注力することが重要です。

 

その気分を感じていたとしても必ずしも連絡が来るとは限りませんが、何かしらのあなたの気分を良くしてくれる出来事を引き寄せます。

 

それを一つずつ受け取り味わうことが大切になります、それを繰り返すことで連絡が来る成功率を高めていくということになります。

 

連絡を引き寄せる効果的な方法 その2 感謝を実践する

 

2つ目の引き寄せの法則の方法は感謝を実践するです。

 

感謝は引き寄せの法則において最も効果的で強力な方法になります。

 

まずは身近な物やお世話になっている人に感謝をするということから始めて、さらに連絡をくれる相手に対して感謝できることをリストアップし、その一つ一つに対して感謝の気持ちを込めて  「ありがとう」と言いましょう。

 

連絡を引き寄せる効果的な方法 その3 他の事に集中する

 

連絡が来る引き寄せをある程度やったら、あとは忘れて他の事に集中するということも大事です。

 

なぜなら引き寄せの法則において最もブレーキをかけるのは執着です。

 

相手からの連絡を引き寄せようと思って一生懸命に引き寄せの法則をやり、思ったように引き寄せられないと焦り、ストレスを感じ、今度はストレスを引き寄せてしまいます。

 

ある程度引き寄せの法則を実践したら、執着を生まないようにする為にも他の事に集中するということを実践しましよう。

 

ここまでのまとめ

連絡を引き寄せる効果的な方法は「連絡が来た時のイメージよりも感情を味わうことを大切にする 」「感謝を実践する」「他の事に集中する」の3つ。

特に執着は引き寄せの法則においてはブレーキになるので、執着を手放す為にもある程度引き寄せの法則を実践したら忘れて他のことに集中することも大切。

 


【引き寄せの法則】連絡が来る事を引き寄せられないのはなぜ?のまとめ


この記事のまとめ

・引き寄せの法則は、相手をコントロールする技術ではない、今感じている気分と同じ気分の出来事を引き寄せるというのが本質。

大切なのは、いかにいい気分を感じるのか?が重要。

・連絡を引き寄せる効果的な方法は「連絡が来た時のイメージよりも感情を味わうことを大切にする 」「感謝を実践する」「他の事に集中する」の3つ。

特に執着は引き寄せの法則においてはブレーキになるので、執着を手放す為にもある程度引き寄せの法則を実践したら忘れて他のことに集中することも大切。

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です