【引き寄せの法則】苦しみや不幸が続く時に考えて欲しい好転反応とは?

引き寄せの法則が出来ない人の為の引き寄せブログ

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則の好転反応について知りたい」とお考えのあなたへ、この記事では引き寄せの法則における好転反応の意味と乗り越え方について解説します。

 

記事を読むメリット
 

・引き寄せの法則における好転反応の意味がわかる

 

・好転反応が起きた時の乗り越え方がわかる

 

 

記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則における好転反応の意味と気をつけなければいけない注意点について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では好転反応が起きた時の有効な乗り越え方について解説します。

 

まずは結論から

好転反応は人生を変えようと思い引き寄せの法則を実践している過程で起きる一時的に悪く見える現象のこと。

様々なサインとして現れるが大切なのは、そのサインに気づくこと、そしてそのメッセージを理解することが重要。

 


好転反応は人生が良くなるための通過点として必要なのね 



ただし、何でもかんでも好転反応だと思ってポジティブに考えすぎるのも問題じゃ、その問題が起きている本当の意味を理解することが重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

当サイトの引き寄せの法則について知りたい人は以下のおまとめ記事をオススメします

↓↓↓
引き寄せの法則を実践する為の超オススメ記事

 

引き寄せコーチングで起きた数々の奇跡の体験談をご紹介します。

↓↓↓
引き寄せの法則の体験談

 

好転反応の意味と注意点とは?

好転反応とは何かちゃんと意味がわかっていない人の為にここでは、その意味と好転反応における注意点について解説します。 


好転反応とは何か?

 

まず、はじめに好転反応とは何か?について解説します。

 

引き寄せの法則を教えている講師によって説明が違ったりしますが一般的に好転反応とは引き寄せの法則などを実践し、人生が良くなる過程で起きる一時的に悪いことが起きるように見える反応の事を言います。

 

一時的に悪いことが起きているように感じるので不安に思う人もいますが、この過程を過ぎるとやる前よりも良くなります。

 

例えばファスティングなどを行うと、その途中で肌荒れなどを起こす場合がありますが、これはファイスティングの過程で毒素をだしているので、そのような状態になります。

 

その過程が終わると毒素が抜けて肌がキレイになります。

 

この例のように引き寄せの法則の実践過程においても、これまでの古い望まない人生の状態から望ましい状態へと移行する時には、ファスティングの毒出しのように、ある意味人生の毒出しのような反応が起き、一時的に悪く見えることが起きる場合があります。

 

好転反応時に起きること

 

好転反応時に起きることは、体調面や精神面の不調という形で訪れる事があります。

また人間関係の破綻や、お金の不足、仕事でのトラブルなど一見すると良くないと思われることが次々に起きたりする場合があります。

 

好転反応における注意点

 

よくネットでは、このパターンの時には好転反応と考えられますということでいくつかのパターンを書いてありますが、あまり断定するのは危険だと思います。

 

例えばよくあるのが、体が重い、だるい、眠くなる等の身体的な症状、あるいは急激な気持ちの落ち込み等の精神の不調、あるいは人間関係で急なトラブルが起こるなどが例として紹介されています。

 

こういった時には好転反応が高いですよと説明されている例がありますが、そのように好転反応と思われるような事が起きても好転反応と決めつけないことが重要です。

 

なぜなら引き寄せの法則を中途半端に学び、それを元に情報発信をしている講師の人の話を真に受けてしまい、好転反応イコール人生が良くなるサインだと間違ったポジティブ思考を持ってしまうのは危険だからです。

 

問題やトラブルが起きた場合にはちゃんとそれを受け止め冷静に対処することが重要です。

 

間違ったポジティブシンキングを持ってしまうと、この後にいい事が来るサインだから明るく過ごそうと思い、その問題に現実的に対処しなくなり結果として、もっと問題がひどくなることがあります。

 

例えば体調が悪いのに、これは好転反応だからいいことだと捉えようと必死にポジティブシンキングをして医師の診察を受けずに病状が悪化するということもあります。

 

これは一例ですが、粗悪な引き寄せの法則の方法を学ぶとこういった間違ったポジティブシンキングを植え付けられ人生にダメージを作ることになりかねないので注意が必要です。

 

ここまでのまとめ

好転反応とは引き寄せの法則などを実践し良くなる過程で起きる一時的に起きる一見すると良くないと思うような出来事が起きること。

ただし全てのトラブルを好転反応としてポジティブに解釈しすぎるのは危険なので注意が必要。

 

 

好転反応の乗り越え方

好転反応が起きた時に適切に対処することが重要です、ここでは好転反応が起きた時の乗り越え方について解説します。 


引き寄せの法則の視点で見た好転反応の乗り越え方 その1「あり方」「考え方」「やり方」を見直す

 

引き寄せの法則の視点で見た好転反応の乗り越え方の1つ目はあり方や、考え方や、やり方を見直すです。

 

好転反応は時間が過ぎれば良くなっていくものですが、もしかすると好転反応と同時に修正しなければならないこともあって、それを教えているサインの可能性もあります。

 

その時に見直して欲しいのがあり方、考え方、やり方です。

 

例えば今の生活の中で人としてどうあるべきか?というあり方が間違っていないか?あるいは間違った考え方で生きていないか?そして間違った手段、つまりやり方で生きていないか?見直すことは重要です。

 

引き寄せの法則の視点で見た好転反応の乗り越え方 その2 感謝を実践する

 

引き寄せの法則全般において効果的なのが感謝です。

 

好転反応が起きた時に少しでもその痛みを緩和するためにも感謝を実践しましょう。

 

感謝を感じていれば感謝をしたくなることを引き寄せます。

 

まずは身近な物やお世話になっている人に感謝をすることから始めることをお勧めします。

 

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 

引き寄せの法則の視点で見た好転反応の乗り越え方 その3 現実的な行動をする

 

好転反応が起きた時にやってしまいな間違いは、先程もご説明しましたが間違ったポジティブシンキングで問題をそのまま放置してしまうことです。

 

好転反応が起きた時は、それが終わった時にはよりよい状態になってはいますが、もし好転反応で無かった時には問題を放置し悪化してしまうことになります。

 

まずは問題が起きた時に現実的に対応できることを考えて行動に移すことが重要になります。

 

全てを好転反応と捉えて何もしないのは非常に危険です。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則の視点で見た好転反応の乗り越え方は「「あり方」「考え方」「やり方」を見直す」「感謝を実践する」「現実的な行動をする」の3つ。

特に大事なのは問題を放置せずに現実的な行動をすることがとても重要です。

 

【引き寄せの法則】苦しみや不幸が続く時に考えて欲しい好転反応とは?のまとめ

この記事のまとめ

・好転反応とは引き寄せの法則などを実践し良くなる過程で起きる一時的に起きる一見すると良くないと思うような出来事が起きること。

ただし全てのトラブルを好転反応としてポジティブに解釈しすぎるのは危険なので注意が必要。

・引き寄せの法則の視点で見た好転反応の乗り越え方は「「あり方」「考え方」「やり方」を見直す」「感謝を実践する」「現実的な行動をする」の3つ。

特に大事なのは問題を放置せずに現実的な行動をすることがとても重要です。

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です