【引き寄せの法則】辛い時ほど幸せになれるチャンス?その理由とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「辛いことばかり起きて苦しい」とお悩みのあなたへ、この記事では引き寄せの法則的な視点で見た辛いことが起きる時の理由と乗り越え方について解説します。

 

記事を読むメリット
 
・辛いことが起きる理由と乗り越え方がわかる
 
・気持ちを切り替える方法がわかる

 

 

記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則の視点で見た辛いことが起きる理由とその乗り越え方について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では辛いことが起きた時の気持ちの切り替え方について解説をします。

 

まずは結論から

人生で辛いことや苦しいことが起きる理由は人生が望む生き方からズレている時に起きる可能性が高い。

ズレを伝えるために悩みや苦しみという方法でメッセージとして起きている可能性が高い。

逆に言えばこれらのメッセージに気づき修正すれば悩みが起きる前よりも幸せになることが出来る。

辛いことが起きた時の乗り越え方としては「あり方」「やり方」「考え方」を考えて見ること、または自己否定をやめ、自己受容を習慣にすることが重要。


人生で辛いことが起きている時ほど人生からの「本来のあるべき生き方をしなさい」というメッセージなのね



辛い時の状態を怖がらずに、ちゃんと受け入れることで、もっと幸せになれる可能性が高くなるのじゃ 

 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

 

引き寄せの法則の視点で見た辛い時が訪れる理由


辛いことはできれば起きてほしくないですよね、でもなぜ起きるのか理由が分かれば乗り越えやすくなります。ここでは引き寄せの法則的な視点で見た辛い時が訪れる理由について解説します。 

 

辛い時が訪れるのは人生からのズレを修正させるメッセージの可能性がある



潜在意識はどうすれば幸せになれるのか?を知っています。

その本来あるべき生き方からズレてしまっている時に何らかの方法であなたにそのズレを伝える必要があります。

 

しかしインパクトのある方法でないと、あなたが気づいてもらえないと分かった時に辛いことや悩みを作ることによって本来の生き方からズレていることを伝えようとします。

 

それが辛いことが訪れる正体です。

 

しかし、メッセージとして伝えてそれをあなたが修正をすれば、幸せな生き方につながるわけですから辛いことが訪れる前よりも、もっと幸せになれるというチャンスでもあります。

 

ここまでのまとめ 

辛いことが訪れるのは人生からの幸せになれる生き方からズレていることを知らせるメッセージ。そのメッセージに気づいて修正をすれば辛いことが起きた時よりも、もっと幸せになれる。

 

 

引き寄せの法則的視点で見た辛い時の乗り越え方


辛いことが起きた時にどうやったら、それを乗り越える事が出来るのか?引き寄せの法則の視点で見た乗り越え方について、ここでは解説します。


まずはじめに、辛いことが起きたときには無理やりポジティブにせずに一旦起きている事を受け止める、認めるということが重要です。

 

そのような時に無理やりポジティブにすると返って問題が悪化する可能性があります。

 

辛い時の乗り越え方 その1 「あり方」「考え方」「やり方」を修正する

 

乗り越え方の1つ目は「あり方」 「考え方」 「やり方」を修正するです。

繰り返しになりますが辛ければ辛いほど、それは人生が本来望む生き方からはズレている可能性があります。

 

そのズレというのは一人一人違っていて正しい答えというのを導き出すのは難しいのですがヒントになるのが「あり方」 「考え方」 「やり方」を見直して見るということです。

 

現状を考えた時にこの3つの何かがズレていないでしょうか?今一度考えて見て下さい。

 

多くの場合は心の声を無視しているので今の続けている何かに対して不満やストレスを感じている可能性があります。

 

それが人生が望む生き方のズレに該当する可能性があります。

 

 

辛い時の乗り越え方 その2 自己否定をやめて自己受容をする


これまで多くの悩みを抱える人のコーチングを通してわかったのは悩みが深い人ほど自己否定をしているということです。

 

これが積み重なると人生のズレを生じさせる事になります。

 

まずは自己否定をやめることをお勧めします。

そして自己否定をやめることが出来たらその次にやってほしい習慣が自己受容です。

 

自己受容とは否定も肯定もせずにありのままに感情を受け入れる事を言います。

 

自己受容については詳しくはこちらをご覧下さい

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?


ここまでのまとめ

引き寄せの法則的な視点で見る辛い時の乗り越え方は、まずは無理やりポジティブにせずに起きている状況を認め、受け入れること。

その上で「あり方」「考え方」「やり方」を修正する、「自己否定をやめて自己受容をする」を実践すること。

 

 

辛い気持ちを切り替えて楽になる方法


辛い気持ちになった時に、なるべく早く気持ちを楽にしたいですよね?ここではその方法について解説します。 

 

気持ちを切り替える方法 その1 辛い気持ちを感じていることを認める

 

辛い気持ちの度合いにもよりますので、あまりにも苦しいものにはオススメしませんが、ある程度のものであればまずは気持ちを認める受け入れることです。

 

ネガティブな感情を認めずに否定するほど余計に酷くなりますので、現時点で辛いという気持ちを感じているならまず、その感情を感じていることを認めることが重要です。

 

気持ちを切り替える方法 その2 体の使い方を変える



心と身体はつながっています。

 

心の状態を変えたいなら、体の使い方を変えるほうが早い場合もあります。

 

単純に横になって眠ってみる、少し散歩する、ジムで運動する、体を使うだけで思ったよりも早く気持ちが変わります。

 

気持ちを切り替える方法 その3 質問をする

 

質問には感情のフォーカスを変える力があります。

 

まずは一旦気持ちを受け止め、認めた後に質問をします。

 

質問の技法は色々あるのですが、その一つを言うと

「この辛い問題が起きていなければ私は何をしていただろう?」

という質問です。

 

この瞬間に辛い感情を感じている今から感じていなかった時に意識が移ります。

 

次にその質問の答えが見つかったら

「その時の私はどんな気分を感じているのだろう?」

と質問します。

 

そうすると問題がなかった時の気分を感じることが出来ます。

少なくとも問題が無い時はネガティブではない状態だと思いますので、その瞬間に気持が切り替わります。

 

これらの質問は有効ですが大前提として、この質問を使う前に感情を一旦認めて受け止めることが大切になります。

 

【引き寄せの法則】辛い時ほど幸せになれるチャンス?その理由とは?のまとめ

この記事のまとめ

・辛いことが訪れるのは人生からの幸せになれる生き方からズレていることを知らせるメッセージ。そのメッセージに気づいて修正をすれば辛いことが起きた時よりも、もっと幸せになれる。

・引き寄せの法則的な視点で見る辛い時の乗り越え方は、まずは無理やりポジティブにせずに起きている状況を認め、受け入れること。

その上で「あり方」「考え方」「やり方」を修正する、「自己否定をやめて自己受容をする」を実践すること。

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です