【超訳】引き寄せの法則エイブラハムとの対話と効果的な実践方法とは?

 

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則で有名なエイブラハムについて知りたい、そして実践方法も知りたい」とお考えのあなたへ、この記事ではエイブラハムについて、そして引き寄せの法則の実践の方法についてご紹介します。

 

記事を読むメリット

・引き寄せの法則で有名なエイブラハムとその著書の内容についてわかる

・引き寄せの法則の効果的な実践方法がわかる

 

記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則で有名な「エイブラハムとの対話」の著書について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では引き寄せの法則の効果的な実践方法について解説をします。

 

まずは結論から

引き寄せの法則で有名な著書「エイブラハムとの対話」について、まずエイブラハムについて説明すると、エイブラハムとは「無数の叡智の集合体」と呼ばれる存在で、その存在とチャネリングしたエスター・ヒックスという女性が書いた本のことです。

この本で書かれている要点は「引き寄せの法則」と呼ばれる思考が全てを引き寄せる法則で「類は友を呼ぶ」や「自身に似たものを引き寄せる」というものと、「意図的な創造の方法論」と呼ばれるもので、これは「欲して期待すれば実現する」というもので何かを考えると望んでも望まなくても、それが存在として現れるというもの、そして最後に「許容し可能にする術」というのは、本をそのまま引用すると、「わたしがありのままのわたしで、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう」とあり、これを超訳すると「自分の望みを叶えることを他人がどうであれ認めよう、受け入れよう」ということになります。

つまりこの本で書かれていることを超訳して、まとめると「引き寄せの法則」という自分と同じ気分(波動)のものを引き寄せる法則があり、そして欲しいと思ったものは、それが現実として現れ、その望みを叶えることに他者がどうであれ自分が望むものを引き寄せることを認めよう受け入れようということになります。

 


言っている内容をまとめるとシンプルだけど本の内容は抽象的で難しいから理解するのが大変ね 



大事なことは書かれていることを、どう実践するかじゃな、この本で書かれていることを信じて実践することが重要じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

エイブラハムとは?


引き寄せの法則では有名な本である「引き寄せの法則エイブラハムとの対話」に出てくるエイブラハムについてここでは解説します 

 

エイブラハムとは無数の叡智の集合体です


エイブラハムというのは一人を指すのではなく「無数の叡智の集合体」とされています。

 

そのエイブラハムとエスター・ヒックスという女性がチャネリングをして生まれたの  「引き寄せの法則エイブラハムとの対話」になります。

 

ものすごく乱暴にまとめると、エイブラハムという霊のような存在と降霊して対話で生まれたが「引き寄せの法則エイブラハムとの対話」になります。

 

ここまでのまとめ
エイブラハムとは「無数の叡智の集合体」と呼ばれるもので、超訳すると目には見えない霊のような存在でその対話を通じて生まれたのが「引き寄せの法則エイブラハムとの対話」である

 

引き寄せの法則エイブラハムとの対話を理解する上で必要な3つのポイント


引き寄せの法則エイブラハムとの対話」を理解する上で重用な3つのポイントについて解説します。 

 

引き寄せの法則



この本で紹介されている引き寄せの法則とは「類は友を呼ぶ」「自身に似たものを引き寄せる」と言われるものです。

 

別の角度から説明すると引き寄せの法則とは今感じている気分にあったものを引き寄せる法則で、 「いい気分」でいれば「いい気分」を感じることを引き寄せ、「悪い気分」でいれば「悪い気分」と感じることを引き寄せるという法則です。

 

意図的な創造の方法論

 

意図的な創造の方法論とは「欲して期待すれば実現する」というもので何かを考えると望んでも望まなくても、それが存在として現れるというものです。

何かを考えると、望んでも望まなくても存在として現れるわけですから、どうせなら積極的に欲しい物を期待して行きましょうというものです。

何も意識せずに意図せずに生きていれば、あなたが悪い思考をすれば悪いことを引き寄せてしまうのですから、積極的に自分の望むこと欲していることを意図して行きたいですね。

 

許容し可能にする術

 

最後は許容し可能にする術というものですが、本をそのまま引用すると、「わたしがありのままのわたしで、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう」とあり、これを超訳すると「自分の望みを叶えることを他人がどうであれ認めよう、受け入れよう」ということになります。

 

これを当サイトなりに超訳すると他人や自分自身も含めて願望を叶えたいと思ったことを否定せずに受け入れようというものだと解釈しています。

 

不可解に思えるかもしれませんが、願望を叶えようとしても叶わない人は頭では願望を叶えたいと思いながらも潜在的には願望を叶えたくないという思いも存在します。

 

それは他者の目や自分自身の育ってきた環境においての教育等の影響から望んでいる事を否定し、受け入れないようにする傾向があるのだと思います。

 

許容し可能にする術というのは願望を望んだらそれをそのまま受け入れる技術のことを指すのだと思います。

 

ここまでのまとめ

この本出の大事な3つのポイントをまとめると
「引き寄せの法則」とは自分と似たものを引き寄せる技術で、これは超訳すると自分が感じている気持ちと同じ気持ちを引き寄せるというもの

次に「意図的な創造の方法論」とは、欲すれば思考すれば望んでも望まなくても存在として現れるというものと呼ばれるもので、超訳すると、望んでも望まなくても思考すれば存在するなら積極的に望むものを意図しましょうというもの

最後に「許容し可能にする術」とは「わたしがありのままのわたしで、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう」というものであり、これを超訳すると「自分の望みを叶えることを他人がどうであれ認めよう、受け入れよう」というものになる

 

効果的な引き寄せの法則の実践方法とは?


エイブラハムとの対話にかかれている事は抽象的で分かりづらい表現が多数あり、何をどう実践したらいいか、わからない点も多くあると思います。ここでは具体的に何を実践したらいいかについて解説します。 

 

とにかく「いい気分」でいること、その為には感謝をすること



エイブラハムの本で書かれている事を究極的に超訳すると 「積極的にいい気分を感じましょう」と言う事が言えると思います。

 

なぜなら引き寄せの法則は、あなたが今感じている気分にあったものを引き寄せる法則ですから、あなたがいい気分を感じていれば当然いい気分を感じることを引き寄せるわけです。

 

では、引き寄せの法則における「いい気分」とは何があるかと言うとそれは「感謝」です。

 

感謝は最も高い波動の一つとされ、その高い波動を発していると、つまり波動の高い気分を感じていると同じ感謝をしたくなるような事が引き寄せられます。

 

というわけで、積極的に感謝をすることを実践することが引き寄せの法則においては最も効果的な方法と言えると思います。

 

まずは身近な物やお世話になっている人に感謝をすることを始めることからオススメします。

感謝については詳しくはこちらで説明していますのでぜひご覧下さい。

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 

【超訳】引き寄せの法則エイブラハムとの対話と効果的な実践方法とは?のまとめ

この記事のまとめ

・エイブラハムとは「無数の叡智の集合体」と呼ばれるもので、超訳すると目には見えない霊のような存在でその対話を通じて生まれたのが「引き寄せの法則エイブラハムとの対話」である

・この本出の大事な3つのポイントをまとめると
「引き寄せの法則」とは自分と似たものを引き寄せる技術で、これは超訳すると自分が感じている気持ちと同じ気持ちを引き寄せるというもの

次に「意図的な創造の方法論」とは、欲すれば思考すれば望んでも望まなくても存在として現れるというものと呼ばれるもので、超訳すると、望んでも望まなくても思考すれば存在するなら積極的に望むものを意図しましょうというもの

最後に「許容し可能にする術」とは「わたしがありのままのわたしで、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう」というものであり、これを超訳すると「自分の望みを叶えることを他人がどうであれ認めよう、受け入れよう」というものになる

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です