引き寄せの法則で不妊を解決したいあなたへ?そのやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則で不妊の悩みを解決したい」とお考えのあなたへ、この記事では引き寄せの法則を使って不妊の問題を解決する方法位について解説します。

 

記事を読むメリット

・引き寄せの法則を使った不妊を解決するためのやり方がわかる

・出産後の子育てにおいて大事なポイントがわかる

 

記事の前半

記事の前半は、引き寄せの法則で不妊を解決するやり方を2つご紹介します。

 

記事の後半

記事の後半では出産後の子育てにおいて、やってはいけない事について解説をします

 

まずは結論から

妊娠ができない理由は色々があるが、引き寄せの法則的な視点で見ると「妊娠したくない」理由が潜在的に隠れている可能性がある。
これを解決するには隠された潜在的な「妊娠したくない」理由を探すことが大切。
さらにそれが見つかったら、その隠された理由の感情を満たす別の方法を探して満たして上げることが重要

そして妊娠の確率を上げるために引き寄せの法則的な視点で出来ることがあるとすれば「感謝」を習慣にすることが重要になる

 


頭で思っている願望は心ではその願望を否定してることもあるから叶わないのね 



潜在意識の望んでいる事を感情レベルで満たして上げることができれば早く願望が叶うこともあるのじゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

 

妊娠できないのは妊娠したくない潜在的な理由があるから


一生懸命、妊娠に向けて努力しても叶っていないのとしたら、それは潜在的な妊娠したくない理由があるからかもしれません、その点について解説をします。 

 

まずは潜在的な妊娠をしたくない理由を見つけることから



妊娠を心から望んでいる人にとっては妊娠したくない理由なんてないと思われると思います。

 

しかし、努力しているのにも関わらず妊娠ができていないのなら潜在的にある妊娠をしたくない理由について考えるのも大切です。

 

例えば妊娠しないことのメリットは何か?を考えます。

自分の時間が持てる、仕事が出来る、自分の好きなことが出来るというものがあるかもしれません。

 

そのメリットは逆に言えば妊娠することのデメリットになります、つまり自分の時間が無くなり、仕事も出来なくなり、自分の好きなことも出来ない結果になってしまう等です。

 

意識的にはそれほど大きくない問題でも潜在意識的にはそれが出来なくなると思うと不満を感じ、妊娠を妨げる状況を作ってしまいます。

 

妊娠しないメリットから潜在意識の感情的なニーズを考える

 

次に考えて頂きたいのは、その妊娠しないメリットが続けられると感情的にどんなニーズが満たされているか考えます。

 

例えば自分の時間が持てるというメリットがあるならば、その時間が持てる事によって感情的にはどんなニーズが満たされているのでしょうか?

 

例えば自分の時間が持ててせわしなくいられることで、安心感を感じるとか、ゆとりを感じるなどがあるかもしれません。

 

メリットとなることの奥には満たしたい感情的なニーズがあるのでそこまで特定をすることが重要です。


潜在意識が求める感情的なニーズを満たしてあげることが大切

 

潜在意識が求める感情的なニーズがわかったら、実際にそれを満たしてあげることが大切です。

 

例えば先程の例でいうと妊娠しないことで自分の時間が持てるというメリットがあり、それが出来ることで   「安心感」や   「ゆとり」という感情が妊娠しないことで得られているなら、妊娠しても 「安心感」や  「ゆとり」を感じているところをイメージします。

 

潜在意識が妊娠するとそれられが失われるからしたくないという理由であれば、イメージの中で妊娠しても「安心感」や  「ゆとり」が持てるとわかれば邪魔する必要がなくなります。

 

このように潜在意識が抵抗している理由である失われるかもしれない感情的ニーズをイメージで満たしてあげることが重要になります。

 

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則的な視点でみた場合に、まずは妊娠したくない理由を探すことが重要、次に理由を見つけることができたら、その理由の奥にある感情的なニーズを見つけ、イメージの中で妊娠してもその感情が満たされているということを潜在意識に教えるのが重要になる

 

感謝をすることで妊娠を引き寄せる


引き寄せの法則で最も効果が高い方法の一つが感謝です、ここではその感謝について解説します。 

 

引き寄せの法則の本質は今感じている気分と同じことを引き寄せるというもの

 

現在多くの引き寄せの法則に関する本やブログが出ていて、様々なやり方が紹介されていますが、引き寄せの法則の本質はあくまでも「今感じている気分と同じものを引き寄せる」というものです。

 

感謝の気分を感じていれば感謝をしたくなるようなことを引き寄せます。

 

それが必ず妊娠を引き寄せるとは限りませんが、少なくともあなたが幸せな気分でいることは引き寄せの法則においてはとても重要です。

 

もし、可能なら妊娠した未来を想像し、その時の自分とお子さんに対して感謝をしてみるというのも一つの方法です。

 

「まだ妊娠していないのに妊娠している未来は想像しにくい」ということであれば、今既に持っているものやお世話になっている人に感謝をするということころから始めるのもいいと思います。

 

感謝についてはこちらの記事で詳しく書いていますので是非ご覧下さい。

↓↓↓

【引き寄せの法則】強力な効果を生む感謝のやり方とオススメの本をご紹介します

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則の成功率を高めるには感謝を感じることが重要、妊娠した未来の自分と子供に対して感謝をしてみる、それが難しければ今ある物やお世話になっている人に感謝をするということを始めるのもいい。

 


 

子供のためにも自己否定をやめることが大切


もし無事妊娠し出産をしたら子育てについてやるべきことがあります、それはもし今自己否定をしている時があるならその習慣をやめるということです、それについて詳しく解説します。 

 

自己否定は様々な問題を作り出してしまう

 

もし、子供が生まれたら、その子には幸せであって欲しいと親であれば願うと思います。

しかし、もしあなたが自己否定をしている時があれば、それはあなたの問題だけではなく子供にも影響をするということです。

 

潜在意識では人と人はつながっています。

 

それはと   「集合無意識」と呼ばれるものですが、その集合無意識を通じてあなたの自己否定が子供の人生にまで大きな影響を与えるということがあるのです。

 

そのため、まずは自己否定をやめること、それが重要になります。

そして自己否定をやめることが出来たら次にやってほしいのが自己受容です。

自己受容とは否定も肯定もせずにありのままを受け入れるというものです。

 

これらの事を実践することで、あなたも幸せを引き寄せられるようになりますし、ひいては子供の幸せにもつながります。

 

自己受容についてはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧下さい

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

引き寄せの法則で不妊を解決したいあなたへ?そのやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・引き寄せの法則的な視点でみた場合に、まずは妊娠したくない理由を探すことが重要、次に理由を見つけることができたら、その理由の奥にある感情的なニーズを見つけ、イメージの中で妊娠してもその感情が満たされているということを潜在意識に教えるのが重要になる

・引き寄せの法則の成功率を高めるには感謝を感じることが重要、妊娠した未来の自分と子供に対して感謝をしてみる、それが難しければ今ある物やお世話になっている人に感謝をするということを始めるのもいい。

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です