引き寄せの法則の成功の秘訣は願望を忘れる事?その理由と叶えるやり方とは?

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則をやっているけど上手く行かない」とお悩みのあなたへ、この記事では引き寄せの法則を正しく使うための本当のやり方について解説します

 

記事を読むメリット

・引き寄せの法則で願望を忘れることがいい本当の理由がわかる

・願望を最短で叶えるための方法がわかる

 

記事の前半

記事の前半は引き寄せの法則で願望を忘れることの本当の理由についての解説と、願望に対しての執着を手放す方法について解説します。

 

記事の後半

記事の後半では最短で願望を叶えるための方法と、それに関連する本の紹介をします。

 

まずは結論から

引き寄せの法則で願望を忘れることの本当の理由は、願望に対しての執着が強すぎると願いが叶えにくくなるので、その為に忘れたほうがいいというのが真実。

執着を手放すためには、リアルにイメージをすること、行動することが重要になる。

 

願望を忘れた方がいいという理由は執着が強くなるからなのね 



願望に対しての執着がないなら、別に忘れなくても大丈夫じゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

 

引き寄せの法則における願望を忘れることの大切さの本当の理由


欲しい物があるから願っているのに忘れろとは、どういった理由があるのか?引き寄せの法則をやっても上手くいかないのもこの理由があります、ここではその理由について詳しく解説します。 

 

執着があると願いは叶いにくくなる



引き寄せの法則を実践していても願いが叶わない最大の理由は願望に対しての執着がある時です。

 

なぜ、執着がよくないのかというと、それは引き寄せの法則が今感じている気分と同じものを引き寄せる法則だからです。

 

願望を叶えようとして一生懸命願えば願うほど、なかなか現実にならないと焦りを感じると思います、そしてストレスが生まれます。

 

焦りやストレスを感じていれば、先ほど説明した引き寄せの法則の本質で言えば、焦りやストレスを引き寄せる事になります。

 

というわけで、執着が生まれてしまうぐらいなら願望は忘れた方がいいと言われるわけです。

 

逆に願望に対しての執着がなければ忘れる必要はないということになります。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則において願望を忘れたほうがいいという最大の理由は執着が生まれるから願望に対しての執着がないなら忘れなくても大丈夫


 

願望に対しての執着を手放す方法


執着があると願望がかないにくくなると説明しましたが、ここではその執着をどうやって手放すのかについて解説をします。 

 

執着を手放す方法その1 リアルにイメージをして感情を感じること



執着が生まれるのは当たり前と言えば当たり前ですが、今欲しいと思っている願望がないことから生まれます。

 

逆に言うと欲しい物が手に入るまでは執着が続くという事になってしまいます。

 

では、どうすればいいかというと願望をリアルにイメージして、今その願望が手に入ったかのように感じることが重要になります。

 

実際に今なかったとしても脳のレベルでは手に入れているという満足感を感じることが出来れば次第に執着は弱くなります。

 

ですが、執着を弱くするほどということになると、どれだけリアルにイメージが出来るかが重要になります。

 

イメージが苦手という人は、こちらの記事でイメージのやり方について解説をしていますのでご覧下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則での正しいイメージングのやり方を知っていますか?

 

執着を手放す方法その2 行動する

 

執着を手放す方法その2は行動することです。

少し想像してほしいのですが、行動せずに家にいて、ただ引き寄せの法則を実践しているのと、手に入れたい願望に対して近づく行動をしているのと、どちらが満足感が高いかということです。

 

個人差はあるとは思いますが、やはり願望に近くづくような行動をしたほうが満足感は高まります。

引き寄せの法則の成功率を高める上でも行動は重要ですので引き寄せの法則の実践もやりながらも行動することをオススメします。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則において執着を手放す方法は、ひとつは「リアルにイメージをして感情を感じること」もう一つは「行動する」ことの2つ


 

願望を最短で叶えていく方法とは?


願望は時間がかかるよりは早めに手に入れられたほうがいいと思う人が多いのではないでしょうか?ここでは願望を最短で叶えていく方法について解説をします。 

 

願望を最短で叶えていく方法は「誰かにお願いする」こと



願望を最短で叶えていく強力な方法は  「誰かにお願いする」ことです。

 

たったそれだけ?と思う人もいると思いますが特に日本人は誰かにお願いすることが苦手な傾向があるように感じます。

 

願望を叶えていこうとする時に一人でやるよりも協力してくれる仲間が大勢いたほうが早く結果が出るのは間違いないと思います。

 

でもお願い慣れていない人はまずは小さなお願いをすることから始めてみるのをオススメします。

 

お願いに関して参考になる本をご紹介します

 

お願いすることは大事だとわかったけれども、それでもお願いすることが苦手だと思うあなたへオススメの本があります。

それが 「アラジン・ファクター 願いをかなえる成功のランプ」という本です。

 

この本で書かれている事例を参考にすることでお願いをすると願望が早く叶うことを理解できると思いますのでオススメです。


引き寄せの法則の成功の秘訣は願望を忘れる事?その理由と叶えるやり方とは?のまとめ

この記事のまとめ

・引き寄せの法則において願望を忘れたほうがいいという最大の理由は執着が生まれるから願望に対しての執着がないなら忘れなくても大丈夫

・引き寄せの法則において執着を手放す方法は、ひとつは「リアルにイメージをして感情を感じること」もう一つは「行動する」ことの2つ

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です