引き寄せの法則に努力は不要というのは本当なのか?効果的なやり方とは?

 

こんにちは、人生を変えるコーチングを提供するサイト自分革命です。

「引き寄せの法則って努力って必要なの?」と疑問に思っているあなたへ、この記事では引き寄せの法則が努力が必要なのかについて引き寄せの法則の本質の視点から解説をします。

 

記事を読むメリット

 

・引き寄せの法則で努力が必要なのかがわかる

 

・引き寄せの法則の実践を習慣化する方法がわかる

 


記事の前半

記事の前半では引き寄せの法則の本質から見た努力が不要な理由についての解説と引き寄せの法則において努力が必要な場合について解説をします。

 

記事の後半

記事の後半では引き寄せの法則の実践を習慣化する方法について解説をします。

 

まずは結論から

引き寄せの法則の本質は「今感じている気分と同じもの引き寄せる」というものなので本来は努力は不要。努力が必要なものは特定の願望を叶えようとする場合だが、それは引き寄せの法則の本質とはズレいる。

ただし現状はストレスが強くいい気分を感じることが出来ない人は、いい気分が感じられるように努力は必要。

頭で欲しいものではなく心で欲しいと思っているものは止めても勝手にやってしまうので本来は努力は不要。

より効果的に引き寄せが出来るようになる為には頭で欲しいものと心で欲しい物を一致させる「自己一致」が重要になる。

 


引き寄せの法則って本来努力するというような内容のものじゃないのね 



努力が必要だと思っているケースのほとんどが引き寄せの法則を願望達成の法則だと思っているケースじゃ、それは引き寄せの法則の本質ズレているから努力が必要になってしまうのじゃ 


 

 


記事の信憑性

 

 

2006年からコーチングを学び始め、コーチとして2009年から独立して10年以上の実績

 

日本でも最大のコーチング期間で3年学び、世界でもトップクラスのコーチから最新のコーチングスキルを学びました。


さらには今まで3ヶ月間のマンツーマンコーチングで対応してきた人数は300人以上そして東京、沖縄、福岡、宮崎、海外からも 受講される人がいるコーチング講座を展開しています。


さらには以下のコーチングの実績が出ています。


~引き寄せコーチングではこんな変化が起きています~

●「賞を取りたい」と願っていたアーティストがセッションを受けて数週間以内に本当に賞を受賞した

●子育てに対するイライラが強かったがコーチングセッション終了後にはイライラがなくなり、家に帰ると 子供が手伝いをしてくれるようになった


●1~2年かかると思われていた夢がわずか1ヶ月で実現した


●いつもライバルを選ばれ契約を逃していたコーチがコーチング終了後には契約をもらえるようになった等々、 願望達成の人が続出の方法です。


以上の成果を出してきた経験からご回答させて頂きます。

 

引き寄せの法則の本質から見た努力が不要な理由


引き寄せの法則は本来努力不要です、その理由を本質から見た視点で解説します。 

 

引き寄せの法則で努力が不要な理由は本質は願望達成の法則ではないから

 

引き寄せの法則で努力が必要だと思われているのは引き寄せの法則の本質を理解していないところから生まれています。

引き寄せの法則の本質は「今感じているものと同じ気分のものを引き寄せる」法則であり特定の何かを引き寄せる技術ではありません。

 

努力が必要だと思われているのは引き寄せの法則が願望達成の法則だと誤解している場合です。

 

狙った特定の願望を引き寄せようとして手にい入らないので引き寄せの法則には努力しないと結果が出ないと思っているというわけです。

 

本来は感じている気分のものを引き寄せるのが引き寄せの法則の本質ですから、引き寄せの法則には努力は不要なわけです。

 

頭で欲しいものではなく心で欲しいと思っているものは努力不要

 

心は常に欲しい物を求めて引き寄せています、それが頭で望んでいる欲しいものとは限りません。

そういう意味で言うと心は常に欲しい物を引き寄せているので努力は不要と言えます。

 

問題は頭で欲しい物をどうやって引き寄せるかということです。

 

引き寄せの法則の本質は特定の何かを引き寄せる技術ではありませんが、少なくともいい気分を感じることが継続的に出来ていれば結果として頭で欲しいと思っているものも引き寄せられる確率は高くなります。

 

その成功率を高めるには頭で思っている事と心で欲しいと思っているものを一致させる「自己一致」が重要になります。

 

自己一致するには、まずは自己否定をやめて自己受容を習慣にすること

 

ここまでの話で自己一致が重要だと説明しましたが自己一致を出来るようにするために大切なことはまずは「自己否定」をやめることです。

 

普段から自己否定が多い人ほど自己一致を困難にさせます。

 

そして自己否定をやめることができたら次に習慣にして欲しいのが「自己受容」です。

 

自己受容は否定も肯定もせずにありのままに感情を受け入れる事を言います。

これらの事ができるようになると徐々に自己一致がしやすくなります。

 

自己受容についてはこちらの記事をご覧下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則の効果なしと思ったら試して欲しい自己受容のやり方とは?

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則は本来は努力不要、なぜなら引き寄せの法則の本質は「今感じている気分と同じものを引き寄せる」法則だからです。

頭で望んでいることを引き寄せられる確率を高めるには「自己一致」が重要で、その為には自己否定をやめて自己受容を習慣にする事が重要になります。

 

それでも引き寄せの法則で努力が必要な場合


本質的には引き寄せの法則は努力は不要ですが、それでも必要になるケースについて解説をします。 

 

引き寄せの法則で努力が必要になるケース その1 特定の願望を叶えようとする時

 

引き寄せの法則の本質は願望達成の法則ではないと説明しましたが、それでも特定の願望を叶えようとする時には努力が必要になることが考えられます。

 

本質からズレたことをやるわけなので当然、努力が生じる可能性があります。

 

努力が必要でも狙った特定の願望を叶えたいという時には、脳科学的な引き寄せや自己成就予言が役に立つかもしれません。

 

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

↓↓↓

引き寄せの法則は脳科学で説明できる?RASを使った引き寄せ実験

 

【実話あり】引き寄せの法則を体験できる自己成就予言のやり方とは?

 

 

引き寄せの法則で努力が必要になるケース その2 いい気分を感じられる環境や状況にな特定


いい気分や幸せな気分を感じていれば、それに応じた気分を引き寄せるのが引き寄せの法則の本質です。

 

普段からいい気分を感じていればいいのですが、ストレスを感じる環境等にあると、いい気分を感じていないわけなので当然、幸せを引き寄せにくくなります。

 

そういった意味で言うとストレスを減らしいい気分を感じられる状況を作るための努力は必要になると思います。

 

ここまでのまとめ

引き寄せの法則において努力が必要になるケースはいくつかあるが、代表的なものとしては「特定の願望を叶えようとする時」もう一つは「いい気分感じられる環境にない時」の2つ

 

 

引き寄せの法則の実践を習慣化する方法


引き寄せの法則の実践を続けるという意味では努力が必要かもしれません、では引き寄せの法則を習慣化するには、どうしたらいいかについて解説をします。 

 

引き寄せの法則の実践を習慣化する方法その1 小さくやる

 

新しい習慣をやろうとする時に失敗するのはいきなり大きく初めてしまうことです。

 

例えば引き寄せの法則において感謝が大切だと知って1日感謝できることを最低100個みつけようとか、いきなり大きく現状を変えようとすると潜在意識の抵抗にあいます。

 

まずは小さく始めることをおすすめします。

 

例えば1日1個、感謝できることを見つけて感謝を感じようとか、とにかく小さく始めることが習慣化出来るコツです。

 

 

引き寄せの法則の実践を習慣化する方法その2 仲間とやる

 

多くの習慣化に挫折する理由は、一人でやってしまうことです。

自分一人でやるといつでも始められて、いつでもやめることも出来てしまいます。

それを防ぐためには仲間と一緒に引き寄せの法則の勉強をしたり実践をするというのが習慣化出来る秘訣になります。

 

引き寄せの法則に努力は不要というのは本当なのか?効果的なやり方とは?のまとめ


この記事のまとめ

・引き寄せの法則は本来は努力不要、なぜなら引き寄せの法則の本質は「今感じている気分と同じものを引き寄せる」法則だからです。

頭で望んでいることを引き寄せられる確率を高めるには「自己一致」が重要で、その為には自己否定をやめて自己受容を習慣にする事が重要になります。

・引き寄せの法則において努力が必要になるケースはいくつかあるが、代表的なものとしては「特定の願望を叶えようとする時」もう一つは「いい気分感じられる環境にない時」の2つ

 

引き寄せの法則コーチングLP

引き寄せの法則コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です